「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ジェットコースターのチェルシーFC、激動の4シーズンを解説

2017 8/17 16:20dada
chelsea
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Mitch Gunn / Shutterstock, Inc.

乱高下するチェルシーFCの成績

英国ロンドンのチェルシー地区を本拠地とするチェルシーFC(以下、チェルシー)は、プレミアリーグの中でも強豪として知られるクラブだ。
ビッグ5と呼ばれるようにはなったものの、その歴史はまだ浅く新興クラブだという見方も少なくない。
特に2000年代に入ってからは、度重なる監督の交代、定まらないストライカー問題に苦しみながらではあるが、多くのタイトルを獲得した。しかし、2015?16シーズンのようなリーグ10位という悲惨な結果があったことも事実だ。選手とサポーターは、ジェットコースターに乗っているかのようなシーズンを過ごしてきた。

モウリーニョとの再会は幸か不幸か

名将とされるモウリーニョ監督を招聘したのは、2013?14シーズンのことだった。同監督とは過去にも契約を結んでいたが、途中で解任していた。チェルシーの主将であるDFジョン・テリーは、恩師との久しぶりの再会をとても喜んだ。
このシーズンは他のビッグクラブには大勝をあげつつも、格下クラブから勝利を逃すシーズンとなった。しかし、チームの士気は格段に上がり翌シーズンに期待がもてたように思える。
「モウリーニョのクラブは2年目からが本番」と多くのメディアが報じたように、2014?15シーズンは快進撃を続ける。エデン・アザール選手やセスク・ファブレガス選手、ブラニスラヴ・イヴァノビッチ選手らがシーズンを通して好調を維持。見事リーグタイトルを獲得した。
そしてモウリーニョ指揮下翌3年目のシーズン、まさかの展開が起こる。開幕戦のスウォンジー・シティ相手に2?2のドローとなった。GKのクルトゥワが退場し、試合内容的にも満足いくものではなかった。2015?16シーズンは、昨シーズンにみられた好調が全くみられず、黒星を重ねていく。一時は降格圏内に入りかけるほどまで順位は落ち、12月にモウリーニョ監督は解任された。

おすすめの記事