「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

奇跡はどうなった?レスターシティFCの2シーズンを解説

2017 8/17 16:20dada
leicester
このエントリーをはてなブックマークに追加

まさかの大躍進!奇跡の2015?16シーズン

2015?16シーズンはレスターシティFC(以下、レスター)にとってかけがえのないシーズンになった。創設132年目の小さなクラブは並み居る強豪を抑え、堂々のリーグタイトルを獲得した。ヴァーディー選手やリヤド・マフレズ選手、エンゴロ・カンテ選手らがシーズンを通して好調を維持し、得点は増やし失点は抑え続けた。
開幕当初の「頑張って残留を目指そう」という想いは、「もしかしたらタイトル獲れるかも」といった自信に変わり、それはついに現実のものとなった。
世界では「100年に一度の奇跡」と取り上げ、大きな話題となった。クラウディオ・ラニエリ監督は選手たちと良好な関係を築き上げ、伸び伸びとプレーできる環境の構築にも熱心だった。この努力はやがて固い絆となり、目に見えない大きな力としてクラブの力となったことだろう。

岡崎慎司はなぜ評価されたか?

日本の岡崎慎司選手はレスターに移籍して最初のシーズンにプレミアリーグタイトル獲得に貢献した。彼は32試合に出場し、見事チームにフィットしてみせた。しかし、FWとしては5得点と物足りない印象を受ける。にもかかわらずなぜ岡崎選手が評価されたのかについて考えてみるべきだろう。
岡崎選手がレスターで担った役目は、得点を量産する「ストライカー」というよりは、おとりである「シャドー(影)」が主だった。
豊富な運動量を持ち味に常にオフサイドラインに顔を出し続けた。この動きは相手DFを引きつけたり、撹乱させたりする意味がある。当然、その分だけレスターの他の攻撃陣へのマークが薄れ、ドリブルやシュートのコースが生まれる。岡崎選手のように点を獲らずともFWは活躍できるのだ。日本の多くのサポーターは、「点が獲れないFWは役立たず」と非難することがあるが、これは間違いだろう。岡崎選手のように影として活躍する選手の動きに目を向けてみるべきだ。

おすすめの記事