「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

フェイントの上手い選手は誰?知ればサッカーがもっと面白くなる!

2016 11/10 19:16
サッカー
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Laszlo Szirtesi/Shutterstock.com

サッカーの魅力はゴールの興奮だけではない。サッカー観戦でもっとわくわくしたい!という方のために、今回は国内外のフェイントの上手い選手を紹介する。

サッカーのフェイントってそもそもどんな種類があるの?

まず、サッカーのフェイントの技は何種類くらいあるのだろうか。よく知られているフェイントを3つ紹介しよう。
はじめにボディフェイント。ボールを動かさない体の動きのみで行う技で、その中にシザースというものがある。ボールに足を触れさせず腿も上げずボールの横を高速でまたいで相手を惑わし、相手の重心が左右にぶれたところを抜き去る。
次にメイア・ルア。縦にボールを軽く蹴り出してそのボールと反対側から相手の外側を半円を描くように回ってダッシュし相手よりも早くボールに追いつくという技。
そして動きが派手でわかりやすいのが、ルーレット。相手が勢いよくマークしてきた際に足の裏でボールを止め、スピードをつけながら体を半回転させて後ろを向き、ボールとDFの間に自分の体を入れたあと、ボールを引き寄せながらもう半回転して抜き去る。

ボディフェイントが上手い代表的な選手2人!

シザースを得意とする代表的な選手はやはりブラジルのロナウド。90年代からゼロ年代を代表するFWの選手だ。FIFAワールドカップに4度出場、フランス大会ではMVPにも選ばれた。FCバルセロナ時代のコンポステーラ戦では、次々とDFをかわしながら60メートルもドリブルし続け、そのままゴールを決めるという離れ業はナイキ社のCMにも使用された。
そしてもう一人、忘れてはいけないのが世界最高峰と言われるサッカー選手であるリオネル・メッシのボディフェイント。彼からボールを奪うことは至難の業だ。シザースに限らず緩急のあるボディフェイントを駆使しながら精確なボール制御を行い、次々と相手DFを抜き去る。

おすすめの記事