「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ビジャが日本でプレー! 2019年Jリーグに来るワールドクラスの選手たち

2019 2/7 07:00中山亮
ビジャ,Ⓒゲッティイメージズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒゲッティイメージズ

今年もJリーグに海外の大物選手が移籍

2019年のJリーグも間もなく開幕。ルーカス・ポドルスキ(神戸)、ジョー(名古屋)、アンドレス・イニエスタ(神戸)など、近年ワールドクラスの外国人選手が次々とJリーグに参加する流れは2019年も継続。今季も新たなスター選手がJリーグにやってくる。そこで2019年にJリーグに加入するスター選手を紹介しよう。

ダビド・ビジャ(ヴィッセル神戸)

スペインリーグ1部では、レアル・サラゴサ、バレンシア、バルセロナ、アトレティコ・マドリードでプレー。ラ・リーガ通算185点。スペイン代表をユーロ2008、ワールドカップ2010で優勝に導き、両大会で得点王となった。代表54得点を記録し、これは現在スペイン代表の歴代最多得点記録。これだけの名選手のダビド・ビジャがJリーグにやってくるのだ。

ビジャ,Ⓒゲッティイメージズ

Ⓒゲッティイメージズ

裏抜けから相手をかわしたシュート、ショートパスを受けてのシュート、FKと様々な得点パターンを持つビジャ。その特徴は何といってもシュートのうまさだ。強いシュート、コースを狙ったシュートと状況ごとに様々なシュートを打ち分けることができる。

年齢は37歳となったが、昨年まで所属したアメリカMLSのニューヨーク・シティFCでも4シーズンで77得点と安定した得点力を維持している。

チームメイトにはスペイン代表やバルセロナで長年共にプレーしていたイニエスタがおり、その存在も心強いはず。 さらに監督もスペイン人で、日本のサッカーに適応するにはある程度の時間はかかるだろうが、MLSでも1年目から18得点を記録しているように初年度から爆発する可能性は十分ある。

おすすめの記事