「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

サッカーの守備戦術、ゾーンディフェンスを改めて解説

2019 2/23 11:00中山亮
【キーワード※全角文字のみ】
このエントリーをはてなブックマークに追加

ⒸSPAIA

勘違いしてしまいやすいゾーンディフェンス

サッカーの守備戦術には大きくわけて2つ、「マンツーマン」と「ゾーン」という考え方がある。マンツーマンディフェンスとはその名の通り人(相手選手)を意識した守り方を意味し、敵の各選手をマンツーマンでマークすることで、相手の攻撃を阻止しようとする。一方、ゾーンディフェンスはゾーン、つまりスペースを意識した守り方をいう。

人(相手選手)基準のマンツーマンに対して、スペースを意識するゾーン。このゾーンディフェンスを理解する際に、最も勘違いしてしまいやすい例を挙げてみる。

例えば4-4-2で守る場合、4分割したピッチの各エリアを各ポジションの選手がそれぞれ受け持つ形だと考えてしまいがち。しかし、幅が68mもあるピッチを4分割し、各エリアの中央に選手を配置すること、隣のポジションの選手との間には17mもの間隔ができてしまう。これでは攻撃側が自由自在に動けるため、ゾーンディフェンスとはいえない。

ゾーンディフェンスとはそうではなく、ピッチの中で危険度の高いスペースから順に守備することをいう。ピッチ内を均等に分割し、各選手に守備をさせるのではない。

ボールの位置が基準

「状況に合わせて危険度の高いスペースから順に守備をする」ということをもう少し具体的に説明する。
まず「状況にあわせて」とは、ピッチのどこにボールがあるかということだ。ゾーンディフェンスで基準となるのは常にボールの位置(ボールを持っている相手選手の位置)となる。

次に「危険度の高いスペース」とは、ボールとゴールを結んだ一直線のラインのこと。何もしなければ、一瞬で相手チームがゴールに迫ってしまう。そのため、このボールとゴールを結ぶラインから順に、守備をしていくのだ。 当然、ボールが動くと守るべき場所の優先順位も変わってくる。

ゾーンディフェンス

おすすめの記事