「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【データで検証する】J1残留争いを勝ち抜く為に必要なこと

2017 4/12 20:20Aki
soccer data
このエントリーをはてなブックマークに追加

試合の流れを大きく決める先制点

J1のレギュラーシーズンで延長線が廃止され90分で勝敗及び引き分けを決める様になった2003年から昨シーズン2016年までの全4152試合を分析すると、先制点を決めたチームの勝率が67.33%と2/3を越える成績を達成しているということ、そして優勝戦線を勝ち抜くには先制した試合の勝率が重要で、また先制する試合そのものを増やす事も重要だということは以前紹介させていただいた。

目安は先制点を奪った試合の勝率が50%

J2への降格はJ1のチーム数の増加や2004年から2008年まで開催されていたJ1・J2入れ替え戦の結果により異なるが、自動降格チーム、そして入れ替え戦参加チームを含めると2003年から2016年の間で入れ替え戦で残留を果たしたチームも含めて39チームある。
当然この39チームは勝率が低くなっているのだが、特に注目すべき点は先制点を奪った試合での勝率の低さである。 J1の平均では67.33%となっている先制点を奪った時の勝率が、50%を下回るチームは過去39チーム中33チームもあるが、その中で残留に成功したのは9チームのみ。しかもこの全てが激しい残留争いの結果なんとか残留を達成したチームなので、もし先制点を奪うことができれば、その半分以上の試合で勝利しないとそのチームは残留争いに巻き込まれる事となる。
逆にいえば先制点を奪うことができれば、ほとんどのチームは半分以上勝利するということだ。

チーム全体の勝率
最下位で降格\t11.87%
17位で降格\t19.18%
16位で降格\t22.73%
入れ替え戦で残留\t23.44%
リーグ全体 37.83%

先制試合での勝率
最下位で降格 38.26%
17位で降格 46.94%
16位で降格 50.68%
入れ替え戦で残留 46.15%
リーグ平均 67.33%

おすすめの記事