「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【データで検証する】先制点と優勝チームの関係

2017 4/12 20:20Aki
soccer data
このエントリーをはてなブックマークに追加

Jリーグでは先制点を奪ったチームが67.33%勝利する

J1が90分で勝敗及び引き分けを決める様になった2003年から昨シーズン2016年までの全4152試合を分析すると、スコアレスドローだった274試合を除き3878試合でいずれかのチームが先制している。
このうち先制点を奪ったチームが勝利したのが2611試合。つまり67.33%の確率で先制したチームがそのまま勝利することに成功している。 一方先制されたチームの成績は、逆転勝ちに成功したのはわずか13.67%。追いついて引き分けに持っていく事ができたのも19.00%とかなり難しい成績となっている。
しかしこれはあくまで平均の数字。優勝(または最多勝ち点獲得)チームはどのような成績となっているのかを検証してみよう。

最多勝ち点獲得チームの成績を振り返る

2003年?2016年のJ1最多勝ち点獲得チームの成績は次の通り。この期間中で2003年、2004年、2015年、2016年は2ステージ制で行われており、2004年の優勝チームは横浜F・マリノス、2016年は鹿島アントラーズだったが、最多勝ち点を獲得したのは両年共に浦和レッズだったので、浦和レッズの成績となっている。

最多勝ち点獲得チームの成績
2003年 横浜F・マリノス 17勝7分6敗
2004年 浦和レッズ 19勝5分6敗
2005年 ガンバ大阪 18勝6分10敗
2006年 浦和レッズ 22勝6分6敗
2007年 鹿島アントラーズ 22勝6分6敗
2008年 鹿島アントラーズ 18勝9分7敗
2009年 鹿島アントラーズ 20勝6分8敗
2010年 名古屋グランパス 23勝3分8敗
2011年 柏レイソル 23勝3分8敗
2012年 サンフレッチェ広島 19勝7分8敗
2013年 サンフレッチェ広島 19勝6分9敗
2014年 ガンバ大阪 19勝6分9敗
2015年 サンフレッチェ広島 23勝5分6敗
2016年 浦和レッズ 23勝5分6敗
※2003年、2004年は30試合

最多勝ち点獲得チームだけあっていずれのチームも勝率が高く、2010年の名古屋グランパス、2011年の柏レイソル、2015年のサンフレッチェ広島、2016年の浦和レッズの67.65%は過去最高の成績だ。

おすすめの記事