「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

FC東京の10番を背負ってきた名選手5人

2016 7/31 18:20
背番号10、サッカー
このエントリーをはてなブックマークに追加

FC東京がJリーグに昇格して以降、背番号10を背負った選手は何人かわかるだろうか。FC東京の栄光の10番を背負ってきた歴代選手を紹介する。

初代背番号10、現在は若手を育てる監督に

FC東京の初代背番号10といえば、奥原崇だ。彼は今、FC東京U-15の監督として、自身の後輩にもあたる若手選手の育成に力を入れている。 そのプレースタイルとポジション、そして風貌から、「FC東京のロベルト・バッジョ」とも評された彼は、テクニカルなプレーを好み、創造性にあふれるプレーで見る者を楽しませてくれた。 しかし、Jリーグに昇格する前の東京ガス時代から再三けがに悩まされ、初代背番号10を背負ったにもかかわらず、出場はわずか7試合だけ。その能力の高さは敵将にも評価されており、奥原が出場できなかった試合で相手チームが勝った際に、敵将は勝因に「奥原がいなかった」ことをあげるほどだった。

いまも昔も、パートナーはアマラオ!

社員選手として入団してエース背番号10を背負ったのが加賀見健介だ。 FC東京の前身である東京ガス時代に、FC東京ファンなら誰もが知るアマラオのパートナーとして抜擢されたのが彼だった。そのときから能力の高さは評価され、FC東京がJ1に上がるのを決める得点をあげた。 好不調の波が激しく、背番号10を背負うもけがに悩まされ、また得意とするトップ下を配置しない監督の方針などで出場機会が減り、目立った活躍が出来ないまま引退。 その後、今ではアマラオとともに、サッカースクールの一員として働いている。

おすすめの記事