「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ヴァンフォーレ甲府の10番を背負ってきた名選手5人

2016 7/31 18:20
甲府
このエントリーをはてなブックマークに追加

最近はJ1に定着してきたヴァンフォーレ甲府。チームを支えてきた名選手はどんな選手がいるのだろうか?今回は、ヴァンフォーレ甲府の歴代背番号10を背負ってきた選手たちを紹介する。

J1昇格に貢献

1999年にJ2に昇格して以降、約10年にわたりJ2を舞台にしてきたヴァンフォーレ甲府がJ1に昇格したのは2011年シーズンからだ。2010年シーズンに、J2でハーフナーマイクとともに点取り屋として活躍したのが、パウリーニョ・オリベイラだ。J1の舞台に昇格して初めて背番号10を背負ったのも彼だ。10得点を挙げてチームの勝利に貢献するものの、チームとしては振るわず、1年でJ2へ降格してしまう。それに伴い、パウリーニョもガンバ大阪へ移籍。J1の舞台で背番号10を背負ったのは、たった1年になってしまったが、点取り屋としての彼の活躍はサポーターの胸に刻まれている。

背番号10を9年間背負った男

ヴァンフォーレ甲府はJ2で過ごす期間が長かったチームだが、その期間中のほとんど、実に9年間も背番号10を背負い続けたのが藤田健だ。足のサイズは24.5センチ、身長167センチという小柄な体で、なおかつ足首に爆弾を抱えていた彼は、接触プレーには弱いものの、抜群のサッカーセンスとテクニックでサポーターを魅了してきた。甲府の顔ともいえる彼のプレーは、見ている者を楽しませるワクワク感があり、歴代の監督も「天才」と評するほどだった。

おすすめの記事