「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

東北を代表するベガルタ仙台のユニフォームをご紹介!

2016 11/25 20:06
ベガルタ仙台Ⓒゲッティイメージズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

七夕をイメージしたデザインのユニフォーム 2013年モデル

ヴァンフォーレ甲府の2013・2014年モデルは、地元仙台では有名な七夕をイメージしたデザインとなっている。ファーストモデルは“ベガルタゴールド”をメインカラーに、片方の肩から斜めにブルーの“天の川”をイメージしたラインが特徴だ。サイドの部分にもブルーがあしらわれ、スッキリとした細身のデザインになっている。セカンドモデルはメインカラーをホワイトに、ファーストモデルと同様のブルーのラインが特徴だ。

肩のデザインが非対称なユニフォーム 2010モデル

ベガルタ仙台の2009・2010年モデルのユニフォームは、左右で非対称となったデザインだ。メインカラーは定番になりつつある“ベガルタゴールド”に、首から胸にかけて縦にブルーの2本のラインがデザインされている。ラインはグラデーションとなっていて、下に行くほど薄目の配色だ。そして右肩の全体と左肩のワキ部分にブルーがあしらわれており、左右で異なるデザインとなっている。セカンドモデルは同じデザインで、メインカラーをグレーとしている。

シンプルで洗練されたイメージのユニフォーム 2008年モデル

ベガルタ仙台の2007・2008年モデルは、シンプルなデザインが印象的なユニフォームとなっている。ファーストモデルはチームカラーである“ベガルタゴールド”をメインに選択、首周りから両脇に伸びるブルーのラインがアクセントにデザインされている。肩とサイドにもブルーのラインが施され、選手の体の動きがわかりやすいデザインとなっている。セカンドモデルも同じデザインで、メインカラーにグレーを選択している。腕の部分には縞模様のラインがポイントで、シンプルではあるが洗練されたイメージとなっている。

まとめ

“ベガルタゴールド”をメインカラーにもつ、ベガルタ仙台のユニフォームを紹介した。モデルごとにこだわりのあるデザインが施されたユニフォームは、ファンにとっては人気のアイテムとなっている。

おすすめの記事