「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

サッカー日本代表の歴代戦士たち~背番号23の意味

2017 1/30 21:29
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Herbert Kratky/Shutterstock.com

日本国内で人気な国際大会のひとつである、サッカー日本代表の試合。各選手に与えられる背番号にも意味があることを知っているだろうか?今回は背番号23にスポットを当ててご紹介。歴代を彩った戦士たちを見ていこう。

『背番号23』を背負う意味とは…

サッカーの「背番号23」にはどのような意味があるのだろうか?日本代表のような国際大会におけるナショナルチームでは、一般的に3番手のゴールキーパーが背負うことが多いようだ。過去の日本代表チームを見てみても、川口能活選手や川島永嗣選手など、後に正ゴールキーパーである背番号1を背負っていく面々が名を連ねている。
登録メンバーが23人であるサッカー日本代表。そのラストを飾る背番号23は、将来への期待が込められた番号なのかもしれない。

日本を代表するキーパー 川口能活選手

サッカー日本代表における代表的なゴールキーパーとしてまず名前が挙がるのが川口能活選手だろう。川口選手は10年以上にわたり日本代表のゴールを守り続けた名選手だ。
1996年に開催されたアトランタオリンピックでは正ゴールキーパーとして参戦。サッカー強豪国であるブラジルを相手に勝利を収めた「マイアミの奇跡」でスーパーセーブを連発し、全国的にその名を知らしめた。そのガッツ溢れるプレースタイルから「炎の守護神」と呼ばれ、オシムジャパンと岡田ジャパンの時代には主将を務めるほどの高いリーダーシップも持っている選手だ。

おすすめの記事