「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

サッカー日本代表の歴代戦士たち~背番号22の意味

2017 1/30 21:29
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Erik Kalibayev/Shutterstock.com

サッカー日本代表における『背番号22』の意味とは……。まさに選手の『顔』とも呼べるスポーツ選手の背番号。歴代の22番を背負った選手はどんな人たちなのだろうか?選ばれし戦士たちの背中に注目していこう。

『背番号22』を背負う意味とは……

サッカーの背番号は基本的に若い番号が後ろのポジションで、大きい番号は前線のポジションを任される選手に与えられる。ただし、20番台となると主に控え選手に与えられる番号となり、一般的には特別な意味を持つ番号ではない。そんな中、自ら好んで背番号22を求める選手もいる。
例えば日本代表でも背番号22を背負った横浜F・マリノスの中澤佑二選手は、"プロになって初めてもらった番号"という理由で選び続けたというエピソードもあるそうだ。

初の愛媛県出身W杯代表 福西崇史選手

福西崇史選手はコパ・アメリカの大会で、日本代表として背番号22を背負っていた。その後、2002年に開催された日韓W杯からは背番号15に変更となったものの、福西選手の日本代表人生は『背番号22』から始まったのだ。なお、福西選手は愛知県出身者で初となるサッカーW杯出場を果たした人物だ。その功績を称えられ、2002年の日韓W杯終了に愛知県から『文化・スポーツ賞』を贈られた。
現在は現役を引退し、タレントとして第二の人生を歩んでいる。

おすすめの記事