「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

サッカー日本代表の歴代戦士たち~背番号21の意味

2017 1/30 21:29
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Sergey Kuznecov/Shutterstock.com

背番号21は名プレイヤー揃い!?そんな噂も耳にするサッカーにおける『背番号21』という番号。サッカー日本代表の場合はどうだろうか?代表戦で『21』番を背負った歴代の選手たちを振り返ってみよう。

『背番号21』を背負う意味とは……

サッカーの背番号は、主に若い番号からレギュラー選手たちがつけていく。20番台は基本的にバックアップを担う控え選手や、2番手ゴールキーパーが背負うことが多い番号だ。しかし、そんな中で『背番号21』番は、世界的に見ても名プレイヤーが背負うこともある番号だといわれている。
日本代表においても小野伸二選手であったり、正ゴールキーパーの川島永嗣選手が背負ったりと、振り返ると錚々(そうそう)たるメンバーが名を連ねている。

『野人』の異名を持つ日本代表?岡野雅行選手

『野人』というニックネームで親しまれた岡野雅行選手も『背番号21』を背負った経験のある選手だ。現役時代の主なポジションはミッドフィルダーで、俊足を活かしたプレースタイルを特徴としていた。日本代表の試合には1995年から参加。1999年まで召集され、通算25出場2得点の成績をあげている。
現在は2013年シーズンを終えたのちに現役を引退。ガイナーレ鳥取のゼネラルマネージャーとしてサッカー界の発展に貢献を続けている。

おすすめの記事