「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

サッカー日本代表の歴代戦士たち~背番号19の意味

2017 1/30 21:29
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by happymay/Shutterstock.com

サッカーにおける『背番号19』の意味を知っているだろうか?大きな背番号は控えの選手がつけているイメージがあるかもしれないが、実は意味がある場合もある。今回はサッカー日本代表の歴代選手をピックアップしてその意味を探る。

『背番号19』を背負う意味とは……

サッカーにおける『背番号19』は、基本的に控えのフォワードポジションの選手がつける番号とされている。しかし、必ずしもサブの選手に与えられるかといえば、そうではない。
『19』という数字の1と9を足すと『10』になるため、将来のエース候補である若手選手に与えられる場合もあるのだとか。また、そういう性質からレギュラー級の選手でも、すでにエースナンバーが埋まってしまっている場合には自ら『背番号19』を選択する方も少なくないようだ。

『日本版ダニエウ・アウヴェス』と称された男?酒井宏樹選手

2016年のFIFAワールドカップアジア最終予選において『背番号19』を背負ったのは酒井宏樹選手だった。
酒井選手の主なポジションはディフェンダーやミッドフィルダー。右のサイドバックとして世界最高と称されるダニエウ・アウヴェス選手になぞらえ、『日本版ダニエウ・アウヴェス』と称賛されるほどの実力の持ち主だ。 なお、日本代表にはU-23大会を含めると2011年から召集されており、将来を期待されている若手選手のひとりだ。

おすすめの記事