「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

サッカー日本代表の歴代戦士たち~背番号18の意味

2017 1/30 21:29
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典: feelphoto / Shutterstock.com

『十八番(おはこ)』とは、その人がもっとも得意な物事を指す言葉。スポーツの世界へ目を向けると、野球におけるエースナンバーは背番号18であることが多い。では、サッカーの世界はどうだろうか。国内でも人気の高いサッカー日本代表の歴代選手を追ってみよう。

『背番号18』を背負う意味とは……

サッカーにおける『背番号18』は、以前はサブのフォワードがつける番号だった。しかし、現在ではその制度も廃れ、特に日本国内では攻撃的なアタッカータイプがつけることが多くなってきているようだ。
また、エースストライカーの番号が『背番号9』であることも影響し、選手自ら9の倍数である『18』を望んだり、時期エースと期待される選手に与えられることもある。海外では『1+8=9』との解釈で『背番号18』を希望する選手もいるそうだ。

窮地を救ったエースストライカー~城彰二選手

1995?2001年にかけて日本代表に招集された城彰二選手も『背番号18』を背負った人物のひとりだ。現在はすでに引退しているが、現役時代がフォワードとしてサッカー日本代表を勝利に導く活躍を見せた。
城選手の主な功績として、1997年のワールドカップ・フランス大会のアジア最終予選での『ジョホールバルの歓喜』が挙げられるだろう。イラン代表と戦った日本代表はゲームのリードを許すなか、城選手の同点ゴールで望みをつなぎ、悲願のFIFAワールドカップ本戦初出場へと漕ぎ付けるのだった。

おすすめの記事