「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

サッカー日本代表で背番号16を背負った歴代の選手を紹介!

2017 1/30 21:29
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典: Stefan Holm / Shutterstock.com

サッカーにおける各背番号のイメージは、例えば10番エース、9番ストライカーのようにある程度固定化されたものがあるかもしれない。 しかし、背番号16番になるとどうだろうか。今回は、背番号16に注目して歴代の日本代表選手を紹介する。

サッカーで背番号16をつける意味とは?

サッカーでは、ポジションや選手の「役割」によって背番号が決まることがある。近年では、単純に選手の好きな番号が選ばれることもあるので絶対的ではないが、背番号からある程度選手の特徴を読み解くことができるだろう。
そこで背番号16番だが、こちらはわかりやすい特徴というものが存在していないようだ。背番号16を背負った有名選手には、マンチェスター・ユナイテッドのロイ・キーン選手や、ドーハの悲劇の際のゴン中山選手などがいる。またゴールキーパーが使用することもあり、番号自体に大きな意味があるということではないようだ。

サッカー日本代表背番号16: DFとして活躍した斉藤俊秀選手

斉藤俊秀(さいとう としひで)選手は、1973年生まれで静岡県出身のサッカー選手だ。1996年に清水エスパルスからプロとしてのキャリアを始め、その後湘南ベルマーレへ期限付きの移籍を経て、2009年には藤枝MYFCに移籍した。そこでは、選手兼監督を務めるなどしている。2013年に現役を引退している。
日本代表として活躍したのは1996年から1999年の間で、通算17試合に出場し、1998年ワールドカップでは背番号16番を背負った。

おすすめの記事