「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

サッカー日本代表で背番号14を背負った歴代の選手を紹介!

2017 1/30 21:29
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典: Photo_DDD /Shutterstock.com

サッカー観戦をしていると、色々な番号を付けた選手がいることに気が付くだろう。最近では選手が好きな数字を選ぶことが多いので、55や77など大きな数字を背負っている選手も少なくないが、今回は、そんな背番号の特に14番に注目して、日本代表の歴代選手を紹介する。

サッカーで背番号14をつける意味とは?

サッカーでは、歴代の名選手が使用した番号に憧れて、その後も同じようなタイプの選手がその背番号を使用することがある。サッカーの神様と呼ばれたペレ選手が背番号10を付けていた影響で、その後10番を付けている選手はそのチームのエースであるという認識が浸透したこともあった。
そのような意味で背番号14番を考えてみると、オランダの伝説的選手、ヨハン・クライフ選手が使用した背番号という印象が強い。ヨハン・クライフ選手がテクニシャンだったこともあり、背番業14番を付けている選手は技術的に長けている選手というイメージもある。

サッカー日本代表背番号14:野人と呼ばれた岡野雅行選手

1972年生まれの神奈川県出身の岡野雅行選手。フォワードやミッドフィルダーでプレイすることの多い選手だったが、そのプレイスタイルから現役時代は野人というニックネームがついていた。
プロとしてのキャリアは1994年の浦和レッズダイヤモンズからスタートする。その後、ヴィッセル大阪、浦和レッズダイヤモンズ、ガイナーレ鳥取と渡り歩き2013年に引退を表明した。
日本代表としては1995年から1999年にかけて25試合に出場しており、1998年のワールドカップでは背番号14番を付けていた。

おすすめの記事