「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

サッカー日本代表で背番号12を背負った歴代の選手を紹介!

2017 1/30 21:29
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典: http://www.excite.co.jp

サッカー日本代表として、日の丸の付いたユニフォームを着てフィールドに立つ選手たち。その姿はいつみても凜々しい。今回は、そんなサッカー日本代表選手たちのユニフォームに付いた背番号、特に12番に注目して、歴代の選手たちを紹介する。

サッカーで背番号12をつける意味とは?

近年では例外もあるが、基本的にサッカーにおいて背番号は、選手たちのポジションを表していることが多い。1番だとゴールキーパー、2番だとディフェンス、というように数字が大きくなるにつれて定位置がフィールド中央に近づいていく。
しかし、1チーム11人しか出場できないサッカーにおいて、背番号12番というのはどのポジションにも属していない。日本においては、チームを応援してくれるサポーターの背番号として12番を使用するという考え方がある。海外には、背番号12番を付けている選手は大勢いるが、大きな意味があってのことではないようだ。

サッカー日本代表背番号12:引退後指導者になった呂比須ワグナー選手

呂比須ワグナー(ろぺすわぐなー)選手は、1969年にプラジル・サンパウロ州で生まれた。サンパウロのクラブチームから1987年に日本の日産自動車サッカー部に入団した。その後は、2002年まで日本クラブチームを渡り歩き、2002年に現役を引退した。2010年から指導者としてのキャリアをスタートさせている。
日本代表としては、国際Aマッチに通算20試合出場しており、5得点を獲得している。1998年に出場したFIFAワールドカップフランス大会では背番号12を付けてプレーした。

おすすめの記事