「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

サッカーの背番号5番の意味は?歴代日本代表ではどんな選手がいる?

2017 1/30 21:29
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典: Fabrizio Andrea Bertani / Shutterstock.com

サッカーの背番号5番というのはどのような意味があるのだろうか?サッカーの背番号というのは一見意味のないようにも思えるが、実はある一定のイメージが定着している。今回は、そんなサッカーにおける背番号5の意味や歴代の日本代表選手について紹介する。

背番号5の意味とは

背番号5というのは、ディフェンダーの選手の中に多い背番号だ。背番号4番と同じようにセンターバックの選手がつけることが多い番号だ。4番と5番の違いに大きなものはないと思われているが、4番よりも5番のほうが貪欲にボールを追いかける選手が多いというイメージがある。
もちろん、すべての背番号5の選手がこれに当てはまるわけではないが、一般的にはこのようなイメージを持つファンは多いのではないだろうか?

5番が大好きな長友佑都

現在最も背番号5が似合う選手といえば、長友佑都選手ではないだろうか?長友佑都選手は、現在セリエAのインテルに所属している選手だ。ポジションはディフェンダーがメインだが、ミッドフィルダーもこなすことができる器用な選手だ。
2008年から日本代表として活躍しており、長年5番を使用している。もともと長友佑都選手は、5番という背番号を好んでおり、どのようなポジションにコンバートされても5番をつけたがる傾向にあるようだ。

新世代の5番槙野智章

槙野智章選手は、近年における背番号5のイメージを決定づけた。2016年の日本代表シーズンにおいて、長友選手を押しのけて背番号5を獲得している。主なポジションはディフェンダーであり、日本代表においてもディフェンダーとして活躍を始めている。代表としては2010年から選抜されていたが、ほしい背番号5についてはなかなか獲得できていなかった。
しかし、現時点ではまだ24試合しか出場できていない。ある意味、新人といってもよい選手だが、今後の活躍が期待できそうだ。

キャプテンとしての実績も高い宮本恒靖

宮本恒靖選手は、2011年にプロサッカー選手を引退しているものの、非常に印象深い選手であったと思う。けがの治療により特徴的なマスクをつけて試合に臨んでいた時期もあったことから覚えている人は多いかと思われる。海外メディアからはバットマンとの異名をつけられていた。
2002年と2006年では、ワールドカップのキャプテンにも選抜されており、その能力の高さとチームからの信頼の高さをうかがうことができる。

日本代表をベスト16に導いた稲本潤一

最後に紹介するのは稲本潤一選手だ。稲本潤一選手は、色々な背番号を背負っていたイメージがあるが、日本代表の折には、最も長い間着用していた背番号だ。
稲本潤一選手は、現在コンサドーレ札幌に所属している選手だ。2000年から2010年の間、代表選手として活躍しており、2002年のワールドカップについては5番を背負っていた。また、この大会では2得点に絡んでおり、日本代表としてベスト16の快挙を達成した選手のひとりであると知られている。

まとめ

今回は、サッカーにおける背番号5の意味や、主な日本代表選手についてついて紹介した。背番号5はディフェンダーのポジションであることが多い。背番号の意味についてはこれまでの傾向があるというのみで、必ずしもそうであるという断定はできないが、サッカー観戦の一つの指標としてより楽しくさせてくれると思う。

関連記事

おすすめの記事