「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

サッカーの背番号5番の意味は?歴代日本代表ではどんな選手がいる?

2017 1/30 21:29
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典: Fabrizio Andrea Bertani / Shutterstock.com

サッカーの背番号5番というのはどのような意味があるのだろうか?サッカーの背番号というのは一見意味のないようにも思えるが、実はある一定のイメージが定着している。今回は、そんなサッカーにおける背番号5の意味や歴代の日本代表選手について紹介する。

背番号5の意味とは

背番号5というのは、ディフェンダーの選手の中に多い背番号だ。背番号4番と同じようにセンターバックの選手がつけることが多い番号だ。4番と5番の違いに大きなものはないと思われているが、4番よりも5番のほうが貪欲にボールを追いかける選手が多いというイメージがある。
もちろん、すべての背番号5の選手がこれに当てはまるわけではないが、一般的にはこのようなイメージを持つファンは多いのではないだろうか?

5番が大好きな長友佑都

現在最も背番号5が似合う選手といえば、長友佑都選手ではないだろうか?長友佑都選手は、現在セリエAのインテルに所属している選手だ。ポジションはディフェンダーがメインだが、ミッドフィルダーもこなすことができる器用な選手だ。
2008年から日本代表として活躍しており、長年5番を使用している。もともと長友佑都選手は、5番という背番号を好んでおり、どのようなポジションにコンバートされても5番をつけたがる傾向にあるようだ。

おすすめの記事