「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

サッカーにおける背番号4の意味とは?主な歴代日本代表選手について

2017 1/30 21:29
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典: mooinblack / Shutterstock.com

サッカー選手の背番号には「重み」と「意味」があるものがある。背番号の意味について理解を深めておくと試合を観戦する時に、より一層楽しめるはずだ。サッカーにおける背番号4のポジション、意味合いや、その背番号を背負った4人の日本代表選手について紹介する。サッカーの背番号の意味は結構深いのだ。

背番号4の意味とは

サッカーの背番号は一体何を表しているのだろうか。おおよそ、世界で共通している事項としては、ゴールキーパーの背番号がある。ゴールキーパーは1番の背番号を背負うのが一般的であり、控えのゴールキーパーはこの1番を背負うことにあこがれる。そこからトップに向かって徐々に背番号が振りわけられていく。
その中でも背番号4というのは、特別な背番号となっている。ポジションでいうと、背番号4というのはどちらかというとディフェンス寄りの選手が背負うことが多い番号である。中でも、センターバックのポジションの選手が選ばれやすい。

4番をエースストライカーのイメージにした本田圭佑

日本代表で4番といえば本田圭佑選手ではないだろうか?だが、本田圭佑選手はディフェンス寄りの選手ではなく、フォワードやミッドフィルダーなどの攻撃的なポジションがメインだ。現にACミランにおいても10番の背番号を背負っている。
なぜ本田圭佑選手が、日本代表では4番を背負った理由としては、他の背番号に先約があったからだ。本田選手が日本代表になったときに、既に10番の背番号は香川選手が背負っていた。10番以外なら何が問われ、本田選手が思い浮かべたのは3番か4番だったのだが、3番は駒野選手がこだわりがあったため、4番となったようだ。

おすすめの記事