「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

サッカー日本代表の背番号1の意味や歴代の選手とは!

2017 1/30 21:29
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典: http://www.excite.co.jp

2018年サッカーワールドカップのアジア最終予選も前半の日程が終了した。ここで、改めて日本代表の背番号の意味やその背番号を背負ってきた選手についておさらいしてみるのはどうだろうか?今回は、サッカー日本代表の背番号1番の意味について紹介する。

背番号1は守護神の証

サッカーにおいて、背番号1というのは誰でも気軽に付けることができる番号ではない。数あるポジションの中でも、守護神とも呼ばれる正ゴールキーパーがつけることを許される番号なのだ。補欠のゴールキーパーの背番号には、そのほかの空いた番号が使用されることが多い。
ゴールキーパーは、単に点を取られないようゴールを守るだけでなく、チームにおいての大黒柱的な存在。後ろからチームメイトを見守り、鼓舞する重要な役割だ。

現役守護神の川島永嗣

川島永嗣選手は、現在の日本代表の正ゴールキーパーに登録されている。代表として召集されていない時には、フランスのリーグアンにおいてFCメスに在籍している。
少年サッカー時代からゴールキーパーのポジションを守っているキーパー歴の長い選手だ。2002年から2003年ではU-20の日本代表で活躍しており、2007年から現在まで9年の日本代表歴を誇っている。代表としての試合出場数も70試合を超えており、日本代表の守護神として君臨している。

おすすめの記事