「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

サッカー日本代表で背番号9を背負った歴代の選手を紹介!

2017 1/20 19:11
サッカー 日本
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by makieni/Shutterstock.com

サッカー日本代表背番号9番を付けた選手と言えば強烈な個性が印象的だったゴン中山選手だろうか。他にも日本代表で9番を背負った選手は大勢いる。今回は、背番号9番を背負う意味と、実際に試合で身に付けていた選手を紹介する。

サッカーで背番号9をつける意味とは?

サッカーで背番号9番はエースストライカーを意味することが多い。点取り屋としてフォワードのポジションを任される選手が、この9番を背負うことになる。
近年では、ポジションに関係なく大きな番号を付ける選手もいるので、9番を付けているから確実にフォワード、エースストライカーであると断言できるわけではない。しかし、フォワードを目指す選手が一度は憧れる背番号ではある。
海外では、レアル・マドリードに在籍していた2002年から2007年にかけてロナウド選手が付けていた背番号でもある。

サッカー日本代表背番号9:ゴン中山こと中山雅史選手

中山雅史選手は、1990年にジュビロ磐田の前身となったヤマハ発動機に入社し、その後2009年に至るまで、ジュビロ磐田のエースストライカーとして活躍した。その後、コンサドーレ札幌で2012年までプレーし現役引退を発表した。その後サッカー解説などテレビ番組で活躍するも2015年アスルクラロ沼津に現役復帰している。
日本代表として1998年、2002年のワールドカップに出場しており、ワールドカップ本大会では日本代表として初となるゴールを決めた選手でもある。

おすすめの記事