「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

背番号4番から見る世界のサッカーとJリーグ

2017 9/13 14:03Aki
ダヴィド・ルイス選手
このエントリーをはてなブックマークに追加

背番号とポジションの関係から見えるもの

Jリーグでも固定番号制が導入され20年以上経っているため覚えている方は少ないかもしれないが、以前の背番号はポジションを表すものとして先発選手が1番から11番までの背番号をつけていた。
ここで複雑だったのは、背番号とポジションの関係がそれぞれの国や地域によってバラバラだったことだ。サッカーが世界中でプレーされるようになり、それぞれの国や地域で独自の進化をとげた結果、同じ番号でも異なるポジションを示す事になったのだ。
しかし、これは同時に興味深い事実を浮かび上がらせる。 それぞれのチームにおける背番号とポジションの関係を見ると微かにではあるが、どこの国や地域と関係が深いのかが見えてくるのだ。
2017年にJ1に所属する18チームの背番号を通して影響を受けたであろう国や地域を探してみよう。

様々なポジションにいる背番号4番

サッカーの背番号4番といえば、どういったイメージを思い浮かべるだろうか。 若い番号なのでなんとなく守備的なポジションの選手であろうことは想像できるかもしれないが、どの選手をイメージしたかで思い浮かべたポジションは異なるだろう。
実際にこの4番という背番号は、多くの国や地域で表しているポジションが異なる番号の1つである。

例えば2014年に開催されたブラジルワールドカップに出場し、ブラジル代表で4番をつけていたのはダヴィド・ルイス選手でセンターバックのポジションの選手だ。
一方、ブラジルの隣国アルゼンチンを見てみると、同じ2014年大会のアルゼンチン代表で4番をつけていたのは、パブロ・サバレタ選手で右サイドバックの選手である。
ヨーロッパに目を移すとさらに違いが浮かび上がる。同じ大会でイングランド代表の4番だったのは、セントラルハーフのスティーブン・ジェラード選手で、ディフェンダーからミッドフィールダーへと変わった。
同じヨーロッパでもフランス代表の4番だったのはラファエル・ヴァラン選手。イングランドとフランスは海を隔てているものの隣国である。
この両国では同じ番号でも指している番号が異なるのだ。

おすすめの記事