「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ゴールキーパーだけがつける事ができる背番号1番

2017 9/13 14:03Aki
エミリアーノ・ヴィヴィアーノ選手
このエントリーをはてなブックマークに追加

最後列に構える背番号1番

サッカーにおける背番号1番といえば、誰しもが思い浮かべるのがゴールキーパーだ。
これは、1800年代にサッカー選手が背番号をつける事になった際に、最後尾から順に番号をつけていったことから、チームの最後方にいるゴールキーパーは背番号1番を与えられた為である。 この時もし、最前列から番号をつける事になっていれば、ゴールキーパーの番号は11番となっていただろう。
その後サッカーが進化していく過程で、フォーメーションが変化していき、他の多くのポジションでは国や地域によって背番号で表すポジションが異なっていくのだが、ピッチ上で唯一ボールを手で扱うことができるゴールキーパーにはポジションの変化がまったくなく、常に背番号1番であり続けた。

Jリーグではゴールキーパーのみがつける事ができる背番号1

Jリーグではゴールキーパー以外の選手が背番号1番を背負う事が出来ないのをご存知だろうか。 さらにいうと、ゴールキーパーは2番から11番の番号をつける事も出来ない。 10番のゴールキーパーは誕生しないのだ。
これはJリーグの大会規定、ユニフォーム要項の第6条(3)で

選手番号は、0は不可とし、1をゴールキーパー、2~11をフィールドプレーヤーとする。12以降はポジションと無関係とし、50までは欠番を認める。ただし、51からは連番で番号をつけることとし、欠番は認めない。

出典: Jリーグ公式 Jリーグ規約・規程集 2017 ユニフォーム要項

と定められている。
これにより2017年にJ1で戦う18チームは、横浜F・マリノスだけが背番号1番を欠番としているが、他17チームは全てゴールキーパーが背番号1をつけている。

おすすめの記事