「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

守備的ミッドフィールダーが背番号8番をつけるJリーグのクラブ

2017 9/13 14:03Aki
サッカーボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

背番号8番といえば

背番号8番といえばどういった選手を思い浮かべるだろうか。 日本代表では近年清武弘嗣選手が背負うことが多く、清武選手も所属するセレッソ大阪では、8番が森島寛晃氏が背負ったことでクラブのエースナンバーとなっているため、攻撃的な選手を思い浮かべる方も多いことだろう。
しかし、海外に目を向けると実は守備的ミッドフィールダーがつける事が多い番号でもある。
その代表的な国がブラジルだ。ブラジル代表の1990年以降に行われたFIFAワールドカップ、コパ・アメリカ、FIFAコンフェデレーションズカップなどの主要大会での背番号に目を向けると、1990年イタリアワールドカップで8番をつけたのは、後に名古屋グランパスエイト(当時)でもプレーしたバウド氏だ。彼は守備的ミッドフィールダーとして攻守に渡ってチームを牽引した。

その後長きに渡って8番をつけたのはドゥンガ氏で、彼も守備的ミッドフィールダーだった。
他にもエメルソン氏、ヴァンペッタ氏、クレベルソン氏、ジウベルト・シウバ氏など全て守備的ミッドフィールダーだ。直近のコパ・アメリカでも守備的ミッドフィールダーのエリアス選手がつけており、攻撃的な選手がつけたのは2006年ワールドカップのカカ選手のみだった。
おそらく最初の質問をブラジル人にぶつけると、ほとんどの人が守備的な選手と答えるだろう。

8番と5番が守備的ミッドフィールダー

ブラジルで8番が守備的ミッドフィールダーとなったのはその歴史に由来している。
元々サッカーの背番号は、選手を表すものではなくポジションを示すもので、ブラジルはいち早く2人の守備的ミッドフィールダーを置く布陣に移行した。その際にこのポジションを務めたのが5番の選手と8番の選手だったため、この2つの番号が守備的ミッドフィールダーを象徴する番号となり、歴代の代表チームにもその伝統が受け継がれてきたのだ。
先程名前を上げたブラジル代表で8番を背負ってきた選手のうち、ドゥンガ氏やフラビオ・コンセイソン氏、エメルソン氏の3人は、5番を背負ってコンフェデレーションズカップやコパ・アメリカなどの国際大会にも出場経験がある。

おすすめの記事