「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

中国地方の実力チーム、岡山県作陽高校サッカー部の強さの理由を探る

2017 5/15 09:56kinsky
サッカー
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by makieni/Shutterstock.com

中国地方は伝統的にサッカーが広く親しまれている地域です。高校の部活動も盛んで、強豪校も数多く存在しています。ここでは岡山県作陽高校のサッカー部を紹介するとともに、その強さの理由などを探ってみましょう。

作陽高校サッカー部は、常に全国大会の県代表を争う強豪校

岡山県作陽高等学校は岡山県津山市にある私立高校で、1930年に津山女子高等技芸学院として開校されました。1963年に男女共学の現在名に改称され、サッカー部の活動も強化されました。
現在サッカー部は岡山県では常にトップレベルにあり、全国大会への出場権を毎年最後まで争っている実力校です。実際に全国大会である全国高等学校サッカー選手権には22回出場し、高校総体サッカーにも4回県代表として出場しています。部員数も150名近く、層の厚さでも知られています。

名将・野村監督の独特のチーム編成で、常にレベルアップを図る

作陽高校サッカー部を長年率いているのが野村雅之監督です。1990年にコーチとして招聘されて1999年に監督に就任し、現在まで指揮を執っています。2007年度には全国高等学校サッカー選手権で作陽高校を岡山県勢初の決勝進出に導いた実績があります。
野村監督は独特のチーム編成を行っており、まず30名近くをトップAに組み入れ、試合でのスターティングイレブン争いを促しています。また、トップAの下にはトップB、チャレンジグリーン、チャレンジホワイト、1年生で構成されているホープという5チームがあります。

おすすめの記事