「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

サッカーでもっとも重要なパスが上達するコツと練習方法とは?

2016 11/10 10:16
サッカー
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Andreas Poertner/Shutterstock.com

サッカーで試合に勝つためにはドリブルやシュートも大切ですが、ボールを保持するためにもっとも重要なのがパスです。そこで少しでも人より上手くなりたい人や、試合に強くなりたい方に、ぜひ知っておいて欲しい上達するコツと練習方法をご紹介します。

的確なパスに必要なトラップの基礎練習

まずはサッカーの基本プレイとなるトラップを重点的に練習しましょう。
ボールを受け止められなければ、何も始まりません。練習方法としては実戦を見据えて、いろいろな位置から飛んでくるボールを想定し、トラップできるようにしましょう。確実にトラップして足元にボールが収まるようになれば、自ずとパスも正確にできます。しかし、トラップの練習でやってはいけない、気をつけてほしい注意点があります。それはトラップとパスを分けて練習することです。
トラップは大切ですが、一連の動作でパスを出さなければ相手に取られてしまう可能性があります。トラップとパスは必ず一連の流れで、スムーズに行えるように練習しましょう。

近くの味方にパスを出す基本的な練習方法

パスを近くの味方に出す時に基本となる蹴り方は、インサイドキックとアウトサイドキックです。どちらのキックも実戦では相手にパス先を予測されるため、パスする方向を見すぎてはいけません。しかし練習の時はしっかりとパスをする方向を向いて正確なコントロールを行い、蹴ったボールが理想通りの位置に届くかどうかを見続けましょう。何度も練習すればパスをする方向を意識しなくても、ボールの軌道がイメージできるようになれます。
ただし!パスの練習でも大切なのが、トラップからパスという一連の動作で練習することが、もっとも早く上達するコツなので忘れずに。

おすすめの記事