「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

メダルラッシュが期待できる平昌オリンピック・スノーボードを解説

2018 2/13 17:55hiiragi
スノーボード
このエントリーをはてなブックマークに追加

男女どちらもメダルを目指すパラレル大回転

スノーボードは、1998年長野オリンピックで男女大回転と男女ハーフパイプの4種目が実施されたのが初めてだが、平昌オリンピックでは、男女10種目で競技が行われる。
大回転は、並行して作られたコースを2人が同時に滑るパラレル大回転で行われ、2つのコースを滑ったタイムの合計で、上位16名が予選を勝ち上がる。

日本人選手は長野オリンピックからなかなか入賞できずにいたのだが、2014年のソチオリンピックでは、竹内智香選手が銀メダルを獲得した。平昌オリンピックには、メダルを目指すべく竹内智香選手と1月のワールドカップで6位に入賞した男子の斯波正樹選手が出場する。

世界上位選手を揃え必勝を期す構えハーフパイプ

ハーフパイプは傾斜の付いたパイプを半分に切った形の半円形の中を滑りながら、ジャンプや回転などの演技を行い、技の難易度、完成度などの採点で得点を競う。2回の演技で予選を行い、決勝では3回の演技でいずれも高い方の得点が採用されて順位が決まる。

2002年ソルトレークシティオリンピックで中井孝治選手が5位、三宅陽子選手の8位、2010年バンクーバーオリンピックで國母和宏選手が8位と入賞に留まっていたが、2014年ソチオリンピックでは、男子の平野歩夢選手が銀メダル、平岡卓選手が銅メダルを獲得した。

平昌オリンピックには今シーズンワールドカップで2勝を挙げ、Xゲームズでも優勝の平野歩夢選手、ワールドカップ初戦で勝った戸塚優斗選手、第3戦で2位の片山來夢選手に平岡卓選手を加えた男子4名と、女子ワールドカップ3戦で2位に入った冨田せな選手など女子4名を揃え必勝を期す布陣となった。
先に決勝を迎えた女性陣の結果は、松本遥奈選手が6位、冨田せな選手が8位に入賞した。

おすすめの記事