「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

女子ラグビーの関西地方におけるチーム状況、勢力図などを解説

2017 7/10 10:01kinsky
ラグビーボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 Starikov Pavel/Shutterstock.com

関西は元々ラグビーが盛んな地域です。女子のラグビーも同様で、高校のラグビー部から大学、社会人クラブまでが数多く存在します。そこで、関西における女子ラグビー状況について5つのチームを抜粋し解説します。

大阪の追手門学院高校には全国レベルの女子ラグビー部あり

全国的に高校で女子ラグビー部がある学校はまだ少ない状況ですが、大阪府茨木市の追手門学院高校女子ラグビー部は2012年に創部されました。元日本代表の後藤翔太監督の下でメキメキと実力を付け、2016年には創部4年目にして全国高校選抜セブンズに出場を果たしました。
また、同年4月に行われた「サニックスワールドラグビーユース交流大会」ではニュージーランドのハミルトンガールズハイスクールと全国高校選抜大会優勝チームの島根・石見智翠館に勝利し、レベルの高さを証明しました。

追手門学院大学は7人制の大会で数々の優勝を飾っている強豪

追手門学院高校女子ラグビー部と同じく後藤翔太監督が指導しているのが追手門学院大学体育会女子ラグビー部です。2016年3月20日、名古屋市の瑞穂公園ラグビー場で開催された「Japan Women’s Sevens 2016」で見事優勝を飾り、さらに同年5月に行われた「第2回大学女子7人制ラグビー交流大会」では、前年優勝の立正大・東京学芸大合同チームに28対5で圧勝して優勝しました。
長いパスやキックを多用してボールを大きく動かすのがチームの特徴で、今年も女子ラグビー界に追手門旋風が吹き荒れそうです。

おすすめの記事