「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

実力がトップレベルの関東地方の女子ラグビーチームを紹介

2017 7/10 10:01kinsky
ラグビーボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by wavebreakmedia/Shutterstock.com

関東地方では、実力がトップレベルの女子ラグビーチームが多数活動している。東京、神奈川、埼玉など関東圏にある女子ラグビーチームから強豪の5チームをピックアップして、現在の姿などを紹介したい。

埼玉の「アルカスクイーン熊谷」には日本代表も在籍

リオデジャネイロ五輪の7人制ラグビー日本女子チームメンバーのうち7人が所属しているのが、クラブチームの「アルカスクイーン熊谷」だ。埼玉県熊谷市は元々ラグビーが盛んな地域だが、地元にキャンバスがある立正大学や企業からの協賛を得て2014年にこのチームが設立された。
所属選手はサクラセブンズの竹内亜弥選手や桑井亜乃選手ら日本のトップ選手ばかり。日本における女子ラグビーの最大の大会である「太陽生命ウィメンズセブンズシリーズ」では、2014年、2015年連続で年間チャンピオンに輝いている。

「日本体育大学ラグビー部女子」は昨年日本一に輝いたチーム

神奈川県横浜市の健志台キャンバスを拠点としている「日本体育大学ラグビー部女子」は、2016年の「太陽生命ウィメンズセブンズシリーズ」を制したチームだ。創部は1988年と、日本女子ラグビー界の礎を築いてきたチームで、現在は15人制でも7人制でも実力は日本でトップクラスである。
大学の女子ラグビーチームとしては部員数でも最大で、高校生女子ラグビー選手が最も入部を希望しているチーム。2017年のワールドカップメンバーとしても、伊藤優希選手、及川由季選手、清水麻有選手らが選ばれている。

おすすめの記事