「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

九州地方は伝統的に女子ラグビーが人気!チームも多数あり

2017 7/10 10:01kinsky
ラグビーボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by dean bertoncelj/Shutterstock.com

九州地方は伝統的にラグビーが盛んな土地柄です。子どものころからラグビーに親しむ環境に恵まれており、最近は女子ラグビーも学校や社会人クラブが増えつつあります。九州地方における女子ラグビー事情を紹介します。

「福岡レディース」は日本代表の野田選手も在籍したクラブ

福岡レディースは福岡市に拠点を置く女子ラグビーチームで、日本代表の野田夢乃選手が所属していたクラブです。福岡県はラグビーが強く盛んな土地柄で、県内には幼稚園児、小中学生を対象としたラグビースクールが20以上あり、子どもの頃からラグビーの基礎を学ぶ場所に恵まれています。
福岡レディースは野田選手の活躍で2015年の「ワールドラグビーユース交流大会」の女子7人制部門で準優勝するなど、実力は国際レベルなのです。

「大分ウィメンズ」は子供から主婦までがラグビーを楽しんでいるクラブ

大分ウィメンズラグビーフットボールクラブは、大分県唯一の女子ラグビーチームです。メンバーは小学生から社会人までと幅広く、子どもがいる主婦も参加しています。毎週日曜日を基本に大分市などで練習を行っており、小学生、中学生、高校生など各クラス別の大会にも随時参加しています。
高校生チームは「全国高校選抜女子セブンズ大会」に参加するなど着実に実力を付けており、2017年も7人制及び15人制の九州大会に積極的に参加し、全国大会に進むことを目標に掲げています。

「鹿児島女子ラグビーチーム」は県内の精鋭を集めて結成したチーム

「鹿児島女子ラグビーチーム」は、2016年3月に県内の明桜館・鹿児島実業・加治木・大口の4つの高校に通う女子高生12人で結成されたチームです。鹿児島では明桜館高校に2013年に女子ラグビー部が創部されていましたが、県全体の精鋭を結集させて「鹿児島女子ラグビーチーム」がスタートしました。
全国大会では決勝トーナメントで北海道選抜を破るなど、初参加として多くの収穫を得ています。普段は異なる学校などで練習を行っているメンバーですが、情報交換しながらチームワークを強めています。

九州産業大には2012年にラグビーの女子部が発足

福岡県福岡市の九州産業大学は、2012年に体育会ラグビー部の中に「女子部」を発足させました。創部2年目となった2014年には「大学女子7人制ラグビーフットボール交流大会WOMEN’S COLLEGE SEVENS」に同大学チームが中心となった九州選抜が参加。強敵の関西選抜を破るなどで2位と健闘しました。
同大学の男子チームとも練習を行うなど、年々部員はパワーアップしています。今後はさらに部員を増やし、九州産業大学の単独チームで7人戦、15人制の全国大会出場を目指しています。

熊本県にも唯一のラグビー女子チームがあり、将来有望な選手も

「SWEETIE LADY BEARS」は熊本県で唯一の女子ラグビーチームです。小学生から40代まででメンバーが構成されており、毎週熊本県民総合運動公園スポーツ広場で練習を行っています。2016年は、国体の九州代表を目指して九州ブロック大会に参加。結果は及ばず国体への参加はなりませんでしたが、合宿を行うなどの特訓の成果で地域の大会では上位になるなど好成績をおさめています。
徐々に将来有望な中学生や高校生もメンバーに加わるようになって、チームとしての厚みも増しています。

まとめ

オリンピックや国際大会などから九州地方の各県では子ども達の間にもラグビーに対する関心が高まっており、今後日本代表として活躍する選手も現われることでしょう。

関連記事

おすすめの記事