「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【スポーツ×スタジアム】 第2回 スタジアムとクラブ運営の難しさ②

2018 11/9 15:00藤本倫史
スタジアム,Ⓒshutterstock.com
このエントリーをはてなブックマークに追加

スタジアム問題のポイント

前回、広島のスタジアムの現状について説明した。それでは、なぜ広島にスタジアムを建設できないのかをまとめていきたい。

まず、前回述べたポイントである、市民やサポーターのスタジアムの建設意義が変わっていない。もしくは、わからないことが大きいのではないか。

スタジアム=ハコモノでは、税金の無駄遣いというイメージしかない。しかし、第1回でも述べたように、スタジアムは経済効果やコミュニティ醸成の地域活性化の手段として、使えるという考えが少しずつ浸透している。Jリーグやクラブもここを必死で訴えているが、なかなかうまくいなかない。

しかし、広島にはすでにマツダスタジアムという成功例がある(これについての詳細は次回で説明する)。サッカーと野球では試合数が違うなど、比較対象としてどうかという意見はあるが、スポーツ場として、地域活性化の重要なツールとなっている。

そうであれば、攻めの行政をしてもいいのではないか。スポーツの街として、他県や世界に売り込むチャンスとして捉え、プロスポーツクラブとシティプロモーションする戦略は決して無駄な動きではない。

市の長期戦略とスポーツ

これを含めて、市の長期戦略としてスポーツをどう位置付けるか。これをはっきりすることが、2つ目のポイントである。確かに今は広島東洋カープがブームであり、経済効果も生んでいる。しかし、苦しい時もカープは広島市のシンボルであり、重要な地域資源でもあった。これを市の総合計画などで、球団と連携し、サンフレッチェ広島など、他のスポーツ団体をどうしていくのかを短期ではなく、長期的に考えなければならない。

さらに、広島市は国際平和文化都市として国内外にPRしている。スポーツは平和の象徴ともいえる。国際平和や国際交流をPRし、その手段としてスポーツを活用するのは理にかなっているのではないか。

だからこそ、スポーツをする場としてだけではなく、国際平和や国際交流としても活用するから、税金をこれだけ使うという道筋をしっかりと付ければいい。

それを付けられるのはリーダーである。本来であれば市長や県知事が担うべきだが、この問題は複雑に入り組んだ印象があるので、積極的には動かない。

おすすめの記事