「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【スポーツ×スタジアム】第2回 スタジアムとクラブ運営の難しさ①

2018 11/2 18:00藤本倫史
【スポーツ×スタジアム】第2回スタジアムとクラブ運営の難しさ①,ⒸShutterstock.com
このエントリーをはてなブックマークに追加

優勝争いをしているのに観客動員数が低い理由

前回、現在のスタジアムの潮流について説明した。今回は私が研究を進めるサンフレッチェ広島と広島のスタジアム問題について述べていきたい。

ここ7年間で3回もリーグ優勝するほどの強豪クラブであるサンフレッチェ広島。現在も首位争いをしており、青山や佐々木を日本代表に輩出するほどの名門チームだ。だが、9月終了時点でホーム平均観客動員数が1万4千人を下回り、残留争いをした昨年度よりも集客は落ちており「勝っているのに観客数が伸びない」という問題が起きている。

Jリーグが発表しているホーム観戦者意識調査では、2012、2013年と地域貢献をしているクラブの評価が1位であるため、経営努力をしていない訳ではない。クラブのマスコットサンチェをSNSなどでPRし、マスコットランキング1位の人気キャラへ仕立てることや、タイの英雄ティラーシンを獲得し、タイへの観戦パックを企画するなど努力をしている。

ただ、クラブが目標としている平均1万5千人を維持することは難しい。この大きな理由としては、スタジアムの問題があるのではないだろうか。

スタジアム問題が長引く広島

現在サンフレッチェが利用している広島市立広島広域公園陸上競技場(エディオンスタジアム広島)の立地は郊外型で陸上トラックがあり、運営も市の外郭団体が行っている。そもそも1994年のアジア大会招致のために作られたスタジアムで、その後の活用を安易に考えていたため、様々な問題が起きている。

まずは、立地とアクセスの問題だ。市街地中心部や主要駅から非常に遠く必然的に車利用が多くなる。しかし、近隣の開発により駐車場が少なくなり確保が難しくなる。そうすると、渋滞や公共交通機関の不便さから客足は遠のく。さらに、スタジアムに行くまでにある坂は、高齢者や障がい者の方にとっては妨げとなる。

次にスタジアム設備の問題。陸上競技場と兼用なのでピッチから遠く、20年以上大改修を行っていない。そのため、イスを始めとする設備が老朽化しており、ビギナーの観戦者にとっては非常に厳しい観戦環境だ。

また、スタジアム周辺の総合運動公園は広島市が管理し、運営は市の外郭団体が行っているため、柔軟なスタジアム運営ができない。

このようなことから、クラブや関係者は早くからスタジアム新設に動きを見せていた。まず、スタジアム新設については、2002年の日韓ワールドカップの試合開催やキャンプ誘致失敗から動きを見せる。(これは前回述べた京都の事例と同じ動きを見せている)

ここで市民やサポーターに対し、試合観戦環境が悪いことが明るみになり、新スタジアム建設へ経済界や行政を含めて話し合うことになった。

おすすめの記事