「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

女子中学生レーサーJuju&野田英樹氏に聞く③ 「2020年は公式シリーズに出場を」

2019 8/6 06:00河村大志
インタビューに答えるJuju選手ⒸSPAIA
このエントリーをはてなブックマークに追加

ⒸSPAIA

中学生レーサーのJujuこと野田樹潤選手とお父さんでF1ドライバー経験者の野田英樹さんにインタビューする機会をいただいた。全3回でお届けする。

成長を促進させたアメリカでの経験

-今年の目標の一つに「より海外に行き経験を積む」とありました。今回アメリカを選んだ理由を教えてください

英樹さん:今Jujuの年齢で走れるところが限られています。13歳という年齢で走らせてくれるとなると選択肢がないんです。アメリカや南米が走れるということで今回はアメリカに。来年はおそらくどこかの海外でレースをすることになると思うんだけど、それも選択肢が絞られてる。それが再来年になるともうちょっと枠が広がるんですけどね。

来年14歳になる枠の中ではかなり限られてるけどその中でしっかりと公式年間シリーズを通して参戦できるところを探しています。この間のGWはアメリカを見に行きましたが今度はヨーロッパに行く予定で、来年その中でJujuにとって良さそうなカテゴリーを選ぶ予定です。

インタビューに答えるJuju選手ⒸSPAIA

ⒸSPAIA

-初めてのオーバルをレジェンドカーで走られていましたね。駆け引き、乗り方、オーバル、何もかも違うものを経験したわけですが、現在参戦しているレースに活かせたことはありましたか?

英樹さん:アメリカに行く前と今とでは高速コーナーがかなり速くなった。踏めなかったところが踏んで行けるようになりましたね。

Juju選手:岡山だったら2コーナーとかマイクナイトコーナーが踏めるようになり速くなりました。今まではマイクナイトは全開じゃなかったですけど、今はコンディションにもよりますが全開でいく日もあります。

一番変わったのは2コーナーですね。前はアクセルを全部戻してブレーキも踏んでましたが、今はコンディションがいいときはブレーキを踏まず、アクセルを少し残した状態で曲がれるようになりました。やっぱりタイム的にも全然違いますね。

おすすめの記事