「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

紆余曲折あった弓道の歴史と武道としてのルール

2016 12/21 10:03
弓道
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 https://sportslink-mag.com

現在は武道として親しまれる弓道だが、その歴史は古く、弥生時代には既に弓が使用されていたとされている。 元は狩猟の道具や戦に使用する武器として使われていた弓矢が、現在の武道となって受け継がれるに至るまでの弓道の歴史に迫ってみた。 現在における弓道のルールと併せて紹介する。

古代の歴史が証明する「長弓」の存在

「弓道」と聞いて、多くの方が弓と矢をイメージされるのではないだろうか。弓矢は古代の石器時代から様々な民族によっすでにて、狩猟のために使用されてきた。
日本では弥生時代に弓矢が使用されていたと推定されている。また石器時代末期のものとされる銅鐸には狩猟の絵があり、そこには長弓が描かれている。
現在の弓道にも伝承されているように、日本では古代から長弓が使用されており、これは世界でも類を見ないものだ。
身長よりも長く上下が均等でない形状は、現在の弓道では効率や性能に優れるとされているが、古代では精神性や宗教性を重んじたものといわれている。 その事は日本の史書である「魏志倭人伝」や「古事記」などの記述によって推察されている。

弓術の技術革新と礼射、武射

平安時代には、主に貴族の催事として礼射が行われる。弓術が戦に用いられたのは源頼朝が幕府を創立させた鎌倉時代。精神の到達点として武士の道義が確立された頃だ。
武士の多くは身心の鍛錬として「犬追物」や「笠懸」といった騎射を行うようになった。 これは鶴ヶ岡八幡宮で開催される「流鏑馬の盛儀」として現在に伝わっている。
室町時代に鉄砲が伝来するまで、弓術は礼射の弓と武射の弓との両面で進歩を遂げている。犬追物・草鹿等には厳格なルールが設けられ、 現在の弓道につながる原型を成していく。小笠原流による弓馬術礼法の基準などがそれにあたる。 一方で、日置流を代表とした武射の系統も普及している。
平安時代に端を発した弓術の技術革新は、同時に数々の流派を生み出すこととなった。

おすすめの記事