「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

関西の剣道強豪校5選!

2016 12/21 10:03
剣道
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by ZoranOrcik / Shutterstock.com

防具を着ける選手たちの真剣な顔つき、試合が始まれば会場に響き渡る大きな掛け声。選手達の真剣な姿を見ることができるのも剣道の醍醐味かもしれない。今回は、そんな剣道の強豪校を、特に関西に注目して紹介する。

育英高等学校(兵庫県)

兵庫県神戸市に位置する育英高等学校は、各有能(おのおの のうあり)の創学の理念を持ち、生徒それぞれの適性を発展、伸ばしていく教育を目指している。
また、自立した人間を育てるため、文武両道の教育活動を行っている。剣道部においても、部活動を通しての人間形成を目指し、部員は各々の適性に合わせた練習に取り組んでいるのだ。
大会実績として、全国高校総体に団体戦で24回の出場しており、準優勝をしたこともある。また、全国高校選抜大会においては、17回出場しており優勝実績がある。

奈良大学附属高等学校(奈良県)

正しく強く、そして努力することが重要である、という精神が受け継がれた奈良大学附属高等学校。社会に貢献する人間を育てる、各々の生徒を大切にした人間育成を目標に教育活動がなされている。
剣道部においても正しく強く、努力が重要であるという理念が掲げられている。経験者ばかりを集めるのではなく、初心から熟練者までが一緒にトレーニングに励むことで心身を強化しながらも、友好を深めることを目指しているのだ。
実力は、国内トップレベルで全国高校総体に35回出場している強豪校だ。

和歌山東高等学校(和歌山県)

生徒の個性を把握し、生徒の成長のための教育活動を行う、そのような理念を掲げているのが、和歌山東高等学校だ。生徒指導の充実や、部活動の活性化に取り組んでおり、障害のある生徒から、部活動に励む生徒まで一人一人に適した教育実現を目標にしている。
剣道部においては、昭和60年に全国高校総体で男子個人競技の3位に入賞、翌年に行われた同大会では男子団体でベスト8になるなど、現在に至るまでに多くの実績を残している。

龍谷大学付属平安高等学校(京都府)

龍谷大学付属平安高等学校は、仏教浄土真宗の精神を受け継いだ学校だ。自己と向かい合い、真摯に人生を歩んで行く、そんな人間の育成を目指している。
剣道部では、技術の向上のみを目指すのではなく、和の精神を育み、礼節を重んじることのできる人間形成を目的としている。
平成25年に全国高喧騒選手権大会でベスト8になり、同年に行われた全国高校選抜大会では優勝を果たしている。関西に留まらず、全国に名の知れた強豪校であるという言うことができる。

日吉ヶ丘高等学校(京都府)

日吉ヶ丘高等学校の教育目標は。自立、協同、創造を兼ね備えた人間の形成とグローバル社会を生きる力を身に付けることである。元は美術学校だった日吉ヶ丘高等学校は、現在では英語村を設置するなど、グローバルに活躍する人材の育成に力を入れている。
剣道部においては、平成28年の全国高校総体で女子団体がベスト8に残っている。特に女子剣道部は、京都府で行われている全国高校総体の予選に勝ち残ることが多く、これまで実績を積み重ねている。

まとめ

関西の剣道強豪校を5校、紹介した。剣道は関西でも盛んに行われているので、強豪校が多い印象がある。また、強豪校においては剣道のレベルも高いので、観戦する際は、関西の高校に注目してみてはいかがだろうか。

関連記事

おすすめの記事