「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

九州の剣道強豪校5選!

2016 12/21 10:03
剣道
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by testing / Shutterstock.com

剣道の試合は、一対一の真剣勝負。選手たちの熱が伝わって、見ているだけでも手に汗握る。剣道ファンならぜひ注目してほしい剣道の強豪高校を、全国的に見ても強い学校が多いといわれる九州地方に絞って紹介する。

九州学院高等学校(熊本県)

平成28年の全国高校総体、そして全国高校選抜において男子団体戦で2冠を達成するなど、競技会では常に上位に位置する九州学院高等学校の剣道部。日本国内ではトップレベルの実力を誇っている。
部活動を行う上での目標・方針は人間形成と日本一になること。剣道名門校だけあって全国各地から入部希望の生徒が集まる。そのため、日本一を目指す志、そして実力を兼ね備えていることが入部の条件となる。入部前には生徒、保護者、監督の三者で面談が行われる。

島原高等学校(長崎県)

島原高等学校は、公立校ということもあり練習時間などに制約がある。朝練を行わず夕方3時間ほどの練習を行い、制約がある中でも高い集中力で内容の濃い練習を続け、全国的に名が通るほどの剣道強豪校となった。
2004年の魁星旗大会で男子が優勝するなど、全国の主要な大会での優勝実績が多数ある。また、島原高等学校で剣道部に在籍した生徒が、大学の全日本選手権で活躍するなど有力な選手を輩出している。

東福岡高等学校(福岡県)

東福岡高等学校の剣道部では、経験や成績に関係なく部員全員を公平に指導する、という方針で部活動が行われている。目標は全国制覇だが、勉学との両立を目指し、短い時間の中で剣道のトレーニングに励んでいる。
平成28年度の全九州大会では、男子団体戦で決勝トーナメントに進み3位だったが、平成25年度には同大会団体戦で優勝するなどの実績を誇る。剣道が盛んに行われている九州地方の中でもトップクラスの実力を持った学校である。

福岡第一高等学校(福岡県)

福岡第一高等学校は、個性の伸展による人生練磨を校是に掲げ、生徒それぞれの個性を伸ばす取り組みを行ってきた。その成果が現れてか、男子剣道部が平成20年に玉竜旗高校剣道大会で優勝。その後、平成27年には女子剣道部が同大会で優勝を果たすなど、男女共に実績を積み重ねてきた。
また、剣道の練習を通して、技術の向上と共に礼節を身に付けることに重きを置くなど、人間形成の場としての剣道の側面も重要視している。

鹿児島実業高等学校(鹿児島県)

多くのプロ野球選手や、プロサッカー選手を輩出している鹿児島実業高等学校は、剣道の強豪校としても知られている。学校自体は、校則が厳しいことで有名で、日常生活の中でも礼儀を重んじる校風だ。剣道部においても礼儀作法が重視されている。
全国高校総体にはこれまで団体戦で15回出場しており、優勝実績もある。また九州大会の団体戦では優勝、準優勝などの好成績を残している。
現在でも、全国制覇を目標に、朝と夕方の部活動が続けられている。

まとめ

剣道の強豪校が多い九州地方。その中からピックアップして5校紹介した。いずれも剣道の全国大会に出場経験のある学校だ。もし、試合を見る機会があれば、これらの強豪校の選手にも注目してみてほしい。

関連記事

おすすめの記事