「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

競輪の自転車と普通の自転車の違いとは?

2017 1/25 19:28
競輪
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Fifian Iromi/Shutterstock.com

競輪選手が載っている自転車は、なぜあんなにスピードがでるんだろう。普段私たちが乗っている自転車と何が違うのだろう?ここでは、その違いについて検証していくことにしよう。

競輪で使っている自転車の特徴とは

競輪選手がつかっている自転車は、テレビなどで見かけるツールドフランスやロードレースの自転車とも違う。また、私たちが普段使っている自転車とも違う。何が一番違うかというと、ブレーキがなく変速機もない点だ。ギアは固定されてしまっており空回りすることはないため、ペダルをこぐ回転数と車輪の回るスピードが一する。つまり、ゆっくりこぐと車輪もゆっくり回るということだ。競輪選手の自転車は、“レーサー”とも呼ばれている。

競輪選手の自転車はどれくらいのスピードがでているの?

競輪選手の出すスピードは、最高70km/h以上だ。選手それぞれの能力によってだすスピードも異なり、ラインの先頭に立つと風の影響を受けて負荷がかかるためスピードも遅くなる。選手は自分の能力を存分に発揮できるように、自分流にレーサーをアレンジして使用している。
一般的な自転車の重量は大体18kgだが、レーサーの重量は7?8kgと非常に軽くなっている。極限まで余分なものを取り除き、スピードを優先させている結果といえる。またレーサーのフレームもオーダーメイドが多く、自分にあったチョイスをしている。

おすすめの記事