「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

競輪選手になるにはどうしたらいいのか教えます。

2017 1/25 10:28
競輪選手
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by masuti/Shutterstock.com

競輪選手というと太い太ももがトレードマークのスポーツですが、あれだけの太ももになるためには、日々の並外れた努力のたまものです。競輪選手になりたい人に、競輪選手になるにはどうしたらいいかをご紹介します。

競輪選手になるには日本競輪学校で学び、資格試験を受ける

いくら自転車競技の経験者でも、国家試験の「競輪選手資格検定」に合格しなければ競輪選手にはなれません。この資格試験は誰でも受験することができますが、「日本競輪学校」で学んだ者でなければ合格はかなり難しいので、まず静岡県の伊豆にある日本競輪学校に入学して1年間勉強することが、一番の近道となります。
日本競輪学校の入学条件は男女共に同じで、国内に居住をしていて、入学日に17歳以上であり、高校卒業と同等以上の学力を有するという点だけです。自転車競技の経験の有無、年令、性別は問いません。日本競輪学校卒業直前に競輪選手資格検定を受け、合格すれば卒業となり、競輪選手になる資格を得られます。

競輪選手になるための日本競輪学校の入学試験の内容

入学試験には、一般入試と世界規模の自転車レースをはじめ様々なスポーツ競技の成績優秀者が対象となる特別選抜入試の2種類があり、ほとんどの人が受けるのは一般入試です。一般入試は、技能試験と適性試験のどちらかを受け、技能試験は、自転車競技で一定の実績がある受験生、適性試験は自転車競技以外のスポーツ経験がある受験生が対象です。
技能試験は、1次試験で1000メートルと200メートルのタイムトライアルを行います。適性試験は、1次試験で垂直跳びと背筋力の測定、台上走行試験装置を使った回転回数や走行速度の測定を行います。技能試験、適正試験ともに、2次試験には身体検査と人物考査があります。

おすすめの記事