「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

同志社大学アイスホッケー部を徹底解剖!

2016 12/1 16:42
アイスホッケー
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by lsantilli/Shutterstock.com

パックをめぐる激しい戦いを氷上で繰り広げるスポーツ、アイスホッケー。 日本では大学スポーツのひとつとしても、長きにわたり歴史を重ねています。 本稿では関西の名門・同志社大学アイスホッケー部にスポットを当てます。

【同志社大学】ラグビーを筆頭にした大学スポーツの名門

京都市上京区や京田辺市、木津川市など京都府内各地にキャンパスを持つ同志社大学。明治の六大教育家の一人である新島襄を建学の祖とする関西の名門私立大学です。
スポーツの分野へは、ラグビー部が後に神戸製鋼で日本選手権7連覇を達成した平尾誠二や大八木淳史、野球部がヤクルトでプレーして日本代表の主将を務めた宮本慎也、日本ハムと阪神で活躍した片岡篤史などの名選手を輩出しており、関西の学生スポーツを引っ張る存在として君臨しています。

【歴史】創部84年目を迎える同志社大学アイスホッケー部

同志社大学体育会アイスホッケー部は1932年に創部され、今年で創部84年目となります。戦前から活動を続ける、関西学生アイスホッケー界の「古豪」とも呼べる存在です。
関西学生リーグでは近年は関西大学が圧倒的な強さを誇るものの、常に1部リーグに所属する強豪チームであり、ほぼ毎年大学日本一を決めるインカレにも出場。「関西学生リーグ優勝、インカレベスト4」を目標にチーム作りを進め、日々のトレーニングに励んでいます。

おすすめの記事