「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【スプリングS】前走1勝クラス勝ちが5勝 「旬の馬」ヴィゴーレ有力も雨なら要注意

2021 3/19 06:00佐藤永記
スプリングSの前走結果別勝利数ⒸSPAIA
このエントリーをはてなブックマークに追加

ⒸSPAIA

旬を探すレース

スプリングSの印象は競馬ファンのタイプによって全然違うはずだ。「1番人気が直近10年で3回しか勝ってないレース」と聞けば荒れそうだが「3連単平均配当が直近10年で5万を下回る」と聞けばまったく逆の印象を持つだろう。

そんな両極端な結果のワケはこうだ。過去10年で1番人気の結果は【3-5-1-1】、1番人気が2着になっている事が多いのだ。しかも唯一の着外だった2017年の1番人気サトノアレスは3着と0.1秒差の4着だった。勝てるかはともかく、レース前に一番評価されていた馬が馬券から消えることがほぼなかったのだ。

歴代勝ち馬を眺めてみても、正統派クラシック路線を進んだキタサンブラック、中距離馬となったウインブライト、マイラーとなったロゴタイプやステルヴィオ、早熟気味だったのかその後成績が伸び悩んだ馬など多種多彩。どういう馬が勝ちやすいかを探すよりも「今が旬の馬」を探すほうが現実的なレースであろう。

ヒントは「前走1勝クラス勝ち」

勝ち馬を探すには今が旬の馬…だとすると、それをどうやって見つけるか?ということになるが、ここは素直に言葉通り、直近で好結果を出していることを重視すればよいのではないか。ということで直近10年勝ち馬の前走をタイプ別に分けてみると……

スプリングS 過去10年勝馬の前走ⒸSPAIA


・前走1勝クラス(旧500万下)勝ち 5頭
・前走朝日杯FS連対 2頭
・G3が3着 2頭
・前走1勝クラス(旧500万下)4着 1頭

このように条件戦の1勝クラスを前走勝ってきた馬がスプリングSも勝つ、というパターンが最多で半数を占めている。さらに特徴としては、1勝クラスでも上がりの遅いレースではなく、35秒前後の上がりが速い決着を勝ってきていることが共通点だ。

唯一、前走1勝クラスで負けて(水仙賞4着)からスプリングSを勝利したのは昨年のガロアクリーク。昨年の水仙賞は勝ち馬の上がりが35.8、ガロアクリークは上がり3位の35.9と遅く、前半で一旦ペースが速くなっていた消耗戦だった。つまりガロアクリークは上がりで勝負する馬だったのに、水仙賞が全くその切れ味を活かせない展開になっていたということだ。勝ったスプリングステークスは前半が超のつくスローペースで上がり重視の競馬となり、ガロアクリークは33.8の最速上がりで勝利している。

余談だが今年の水仙賞は昨年と全く逆のペースで上がり勝負だった。今年の水仙賞を勝ちきれなかった3着アールバロンや4着アサマノイタズラが同一ローテとなり、スプリングSに登録されているが狙い馬にはしない。

「旬」パターンにハマるヴィゴーレと雨の心配

今年の登録で前走1勝クラス勝ちからの馬は4頭。その中で上がりの勝負で勝ったのは、つばき賞勝ちのヴィゴーレだ。ホープフルSを9着完敗しているため評価はそこまで上がらない可能性が高い。その昨年のホープフルSもラップが序盤と中盤に突然速くなるタイミングが存在する乱ペースだったので「例外」として思い切って無視したい。ヴィゴーレが今年の旬とみて、単勝・1番人気馬との3連複2頭流しで今年は勝負したい、のだが……

先週の中山も不良馬場になったのは記憶に新しいが、今週は記事を書いている時点で日曜が雨マークとなっている予報サイトが多い。もし、雨の影響が先週同様ガッツリ出るようならどうなるか。過去10年でスプリングSが良馬場でなかったのは2012年の重馬場までさかのぼり、あまりにもサンプルがないのだが、好位4番手追走の先行した上位人気馬でワンツーとなっていた。もしも雨で馬場が悪くなったら先行できそうな馬に軸を変更したい。

ハービンジャー産駒馬場状態別成績ⒸSPAIA


馬場悪化した際は前走未勝利戦ながら、先行策から6馬身差快勝したボーデンに期待だ。ハービンジャー産駒は重馬場でも成績が落ちない傾向がある。まだ2走しかしていない馬だが可能性を秘めている馬だと思う。重以上の悪い馬場ならボーデンの単勝と1番人気馬との3連複2頭流しに切り替えたい。

ボーデンの厩舎は現在お騒がせの木村哲也厩舎だが、同馬が明るい話題を提供してくれるか、注目だ。

<ライタープロフィール>
佐藤永記
20代を公営ギャンブラーとして過ごし、30歳から公営競技の解説配信活動を開始。競馬を始め多くの公営競技ファンに各競技の面白さや予想の楽しみを伝えている。現在はYoutubeで配信活動を続けながらライターとして公営競技の垣根を超えて各所で執筆中。

《関連記事》
【阪神大賞典】アリストテレス連勝なるか?「前走重賞組10勝」「1番人気6勝」など 覚えておきたいデータ
【スプリングS】1番人気の複勝率88.9% ランドオブリバティ信頼も激走期待の穴馬とは
【ファルコンS】グレナディアガーズ参戦も「前走GⅠ」は19戦0勝 当日まで覚えておきたいデータ

おすすめの記事