「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【朝日杯FS予想まとめ】レッドベルオーブとモントライゼに明暗 SPAIA予想陣の高評価を集めたのは?

2020 12/20 09:00SPAIA編集部
朝日杯フューチュリティステークス予想まとめⒸSPAIA
このエントリーをはてなブックマークに追加

ⒸSPAIA

SPAIA予想陣の見解は?

日曜日に阪神競馬場で行われるのは朝日杯フューチュリティステークス。2戦連続圧巻のレコードVを見せたレッドベルオーブがここも突破するのか、モントライゼやステラヴェローチェらが待ったをかけるのか。SPAIA予想陣の見解を見ていこう。

レッドベルオーブ本命は5名中2名。他2名も対抗に置いており、やや抜けた評価となっている。唯一懸念となりそうなのは折り合い面だが、京大競馬研究会は「距離延長組が何頭もいてペースは流れる」ことで、この馬にとって競馬がしやすい展開と見ている。

穴候補として他の予想陣の本命に挙がったのはロードマックス、ドゥラモンド、バスラットレオンの3頭。ロードマックスを推す東大ホースメンクラブは、阪神移転後、追い込み馬の台頭が多い点を指摘しつつ、後方待機策に転換した京王杯2着の末脚を強調している。

データ予想の門田光生氏は「前走2番人気以内で1着」「キャリア2戦」等を満たすドゥラモンドに、坂上明大氏は距離短縮が歓迎のバスラットレオンにそれぞれ期待。

一方で、前哨戦を勝ったモントライゼ、ステラヴェローチェは重い印がなかった。モントライゼは距離延長、ステラヴェローチェは良馬場での時計勝負に疑問符がついた形。さて、「2歳牡馬最速」の座を射止めるのはどの馬になるのだろうか。

朝日杯FS予想陣まとめⒸSPAIA



AI予想エンジンKAIBA
◎レッドベルオーブ
○ショックアクション
▲ホウオウアマゾン
△ジュンブルースカイ
×アスコルターレ

東大ホースメンクラブ
◎ロードマックス
○レッドベルオーブ
▲ショックアクション
△ステラヴェローチェ
×ドゥラモンド
×ホウオウアマゾン
×モントライゼ

門田光生(データ予想)
◎ドゥラモンド
○レッドベルオーブ
▲テーオーダヴィンチ
△ショックアクション
×ステラヴェローチェ
×ブルースピリット

京大競馬研究会
◎レッドベルオーブ
○ドゥラモンド
▲モントライゼ
△バスラットレオン
×ホウオウアマゾン
☆ブルースピリット

坂上明大(展開/馬場バイアス)
◎バスラットレオン
○レッドベルオーブ
▲グレナディアガーズ
△ショックアクション
×ステラヴェローチェ
×ホウオウアマゾン


《関連記事》
【朝日杯FS】阪神移設後は10番人気以下も3着内に好走 配当妙味のある注目の穴馬は?
【朝日杯FS】レッドベルオーブは中4週で疲労に注意 モントライゼは危険な人気馬
【朝日杯FS】モントライゼは33頭全て着外のデータに該当 ハイブリッド式消去法で残るのは最大6頭

おすすめの記事