「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

体操関係の仕事に就くには?どんな仕事があるのか紹介!

2017 2/16 10:10
体操
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Luigi Fardella/Shutterstock.com

スポーツには選手以外の人々も数多く関わっています。 ここでは体操を取り巻く仕事としてどのようなものがあるのか、体操関係の仕事の役割や内容などについてまとめました。

体操インストラクターは主に子どもを対象にした指導員

スポーツインストラクターという職業があり、就労先にはスポーツジム、フィットネスクラブ、公共のスポーツ施設などがあります。また、体操教室に就労すれば、体操インストラクターという呼称になるでしょう。
中高、大学や社会人の体操チームでは顧問の先生や元体操選手が指導に当たっているのが通例なので、一般的に体操教室は幼児や小学生を対象にしており、マット、跳び箱、鉄棒などを教えています。体操インストラクターになるには、大学の体育学部やスポーツ指導員を養成する専門学校で学ぶのが早道です。

体操の審判員は公認制で資格は第1種から第3種まで

体操競技は採点競技なので、大会では必ず審判員を必用とします。日本体操協会では公認審判員を第1種から第3種までの3段階に分けており、第1種の公認審判員は社会人、高校、大学の各大会の全国大会などで審判を行うことができます。第2種公認審判員は都道府県などのブロック大会、第3種公認審判員は地区大会などで審判を行うことができます。
第1種は日本体操協会の試験があります。現在、第3種までの審判員資格を持っている人は全国で2000人以上です。ほとんどボランティアなので、現実には職業としては成り立ちません。

おすすめの記事