「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

レベルが高い九州の中で体操強豪校はこの5校

2017 2/16 10:10
体操
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by lazyllama/Shutterstock.com

高校体操界で、九州は男女ともレベルが高いことで知られています。 全国大会で上位に食い込む高校が必ず数校あります。 ここでは強豪中の強豪5校に絞って紹介します。

福岡の自由ヶ丘高校体操部の強さは、大学生との練習にあり

自由ヶ丘高等学校は福岡県北九州市にあり、教育目標は「教えるだけではなく、共に学び育てる教育へ」です。運動部はほとんどが九州でトップレベルの実績をあげており、体操競技部も例に漏れず数々の成績を残しています。
体操部の部員は男子中心で、2016年の高校総体では全国の並居る強豪に堂々と戦いを挑み、団体8位という成績を収めました。練習場所は設備と環境に優れた九州共立大学の体操場で、時には大学生の体操部員と切磋琢磨しながら技を磨いていることが強さの原因ともなっています。

鹿児島の出水商業は、創部2年目で全国大会に出場

鹿児島県の市立出水商業高等学校は、全校生徒が社会で活躍できる産業人となることを目的に創立された高校です。体操部はまだ創部3年目ですが、指導者として同じ鹿児島の高校から松本監督を迎え、男子は何と2年目で全国高校総体への出場切符を手にしました。
3年目の2016年も高校総体に出場し、団体で14位という結果を残しました。同年の鹿児島県高校新人体操大会でも出水商業の選手がトップになり、今後才能ある中学生が続々と入部してくるような勢いです。

長崎県の創成館高校体操部は、全国大会入賞の実績校

長崎県諫早市の創成館高等学校は、独自のオリジナルカリキュラムを導入したり、仲間との絆を深めるアドベンチャーキャンプを行うなど、個性的な学校として知られています。
運動部の中でも体操部は九州でトップレベルで、男女とも精鋭揃いです。特に男子は2013年の全国高校総体の団体で8位に入賞、2016年の同大会でも14位と上位に入っています。体操部では高校まで体操未経験者でも入部を歓迎しており、顧問の先生による指導の下で初歩の段階から心身を鍛える練習を行っています。

鳥栖高校女子体操部は、全国大会45度の出場を誇る名門

佐賀県立鳥栖高等学校の体操部女子は、2016年を含めで全国高校総体に45回も出場している名門です。2012年の大会では団体3位という最高の成績を残しています。
同校は中学を併設している中高一貫校で、放課後の体育館では中高生の部員のほかに鳥栖体操クラブに所属している小学生も練習に励んでおり、将来の鳥栖高校体操部入りを目指しています。現在の部員には約1時間かけて福岡から通っている生徒もおり、それだけ鳥栖校体操部の実績が信頼されている証となっています。

鹿児島のれいめい高校体操部は、過去高校総体で上位の実績あり

れいめい高等学校は、鹿児島県薩摩川内市にある中学校を併設した6年間の一貫教育校です。知育、徳育、体育のバランスのとれた全人教育を目指しており、東大、京大などの難関大学にも合格者を出しています。
鹿児島県は体操部の強豪高校が多いことで知られていますが、その中でも同校は常に県内の大会でトップ争いをしています。また、全国高校総体にも毎年のように出場しており、男女とも上位争いを演じた年もあります。中学にも体操部があり、6年間鍛えられて大学に進んでも体操を続ける選手が多くなっています。

まとめ

以上、九州の男子女子、それぞれの強豪チームを紹介しました。 九州は体操が盛んな土地柄です。高校の体操部には強豪チームが多く、指導者も実績と信頼を得ている人が多く、選手や指導者の宝庫です。 全国大会に進出して、団体、個人とも好成績を残しています。

関連記事

おすすめの記事