「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

男子新体操インターハイの強豪校とは

2017 7/10 10:25フェデ
新体操,フロアマット
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Mitrofanov Alexander/Shutterstock.com

男子新体操インターハイの歴史と強豪校を紹介する。 女子のイメージが強い新体操だが、男子の演技も女子に負けないくらいの美しさがある。これを見れば、思わず会場に足を運んでみたくなるだろう。

男子新体操とは?

男子新体操競技は日本発祥の競技であり、女子同様に音楽に合わせてその技術や芸術性を競うスポーツだ。競技内容は、6名で行う団体競技のほか、1名で行う個人競技がある。
団体競技は、2分45秒から3分の演技で、手具を使用せずに構成10点、実施10点の計20点満点で競いあう。特に構成点は振付のほか、腕の動きの組み合わせ方、タンブリングの難易度などが問われる。これに対し、個人競技は1分30秒弱で手具を用いて行われる。

男子新体操の大会とは?

男子新体操の大会には主にどのような大会があるのか紹介する。まず、全日本ジュニアがあり、その他に全日本・選抜大会、インカレのほか、高校生の頂点を目指す全国総体・インターハイがある。 インターハイにおける新体操競技は、2種目が行われ、1年ごとにスティック・リング→リング・ロープ→ロープ・クラブ→スティック・クラブと交代で行われていく。インターハイでは全日本ジュニアの種目よりも1つ早い種目が行われる。

おすすめの記事