「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ゴルフルールブックに沿って解説するゴルフのルールと処理の方法その5

2017 8/3 12:07hiiragi
Golf,Water
このエントリーをはてなブックマークに追加

ウォーターハザードからの救済方法は基本2つ

規則26は、ウォーターハザード(ラテラル・ウォーターハザードを含む)からの救済に関して書かれている。ウォーターハザードとは、コース内の池や川など水に関連する場所を言い、杭や線によって境界が定められている。境界は水との境目ではなく、杭や線であるから注意が必要。
また、その場所に水があるかどうかも関係がない。ウォーターハザードにボールが入った場合、プレーヤーの対応は2つに分かれる。

【そのままボールを打つ場合】
ウォーターハザードの境界内にボールは入ったが、水がない場所や水が浅い場所にボールが止まって、プレーヤーが打てると判断すれば、そのまま打っても構わない。
ただし、ハザード内では以下の行為は禁止されている。
1.状態のテスト
2.地面や水に触れる
3.ルースインペディメントに触れる
クラブをソールする、木の葉を動かすなどの行為をしては反則となり2打罰が与えられる。

【ウォーターハザードからの救済を受ける場合】
ボールがウォーターハザードに入った場合、1打罰を払って次の処置をとることができる。
1.最後にプレーした場所のできるだけ近くからプレー。
2.ウォーターハザードの境界を最後に横切った地点と、ホールを結んだ後方延長線上にドロップしてプレー。
ウォーターハザードからの救済はこの2種類だ。
しかし、地形的に2.の後方延長線上が取れない池や川が在る。このような地形の池や川をラテラル・ウォーターハザードといい、この場合最後にボールが横切った地点から、ホールに近づかない2クラブレングス以内にドロップしてプレーができる。

これは危ないと思ったら暫定球を打っておく

規則27は紛失球やアウトオブバウンズの球、暫定球に関して書かれている。

【紛失球】
ボールを探し始めて5分以内に見つからなければ、そのボールは紛失球となる。この場合は1打罰の上、最後にプレーした場所まで戻って、できるだけ近くでプレーしなければいけない。このような面倒を避けるため、自分の打ったボールが見つからないかもしれないと思ったときは、後に出てくる暫定球を打っておけば、わざわざ戻って打ち直す手間が省ける。

【アウトオブバウンズの球】
いわゆるOBのボールである。この場合も1罰打を払い、元の場所に戻って打ち直しをしなければいけない。OBかなと思った時は暫定球をお勧めする。

【暫定球】
紛失球やOBかもしれない場合、暫定的に別のボールを打っておくことができる。これは、わざわざ戻って打つ手間を省くための対応だが、暫定球を打つ旨同伴競技者に宣言しなければいけない。プレーヤーには、いつでも1打罰を払えば元の位置から打ち直しができる権利があり、宣言なしではこちらの処置とみなされる。暫定球は元のボールが在ると思われる地点まで何回でも打てるし、暫定球の暫定球も打つことができる。

おすすめの記事