「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

氷の上の殿!織田信成の輝かしい功績

2016 9/29 01:32
織田信成
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Olga Besnard / Shutterstock.com

変顔芸などおちゃめな一面も見せてくれるプロスケーター、織田信成の魅力をお伝えしたい。
愛されお殿様の功績を紹介する。

織田信成の生い立ち?ジュニア時代?

織田信成さんは大阪府の高槻市出身、スケートを始めたのは7歳の頃だそうだ。コーチは信成さんの実母、憲子さん。元フィギュア選手でバレエ講師の経験者だ。名前は戦国武将の織田信長と一字違いで、17代目を自称、ファンからは殿の相性で親しまれている。そんな信成さんは14歳で出場した全日本フィギュアスケートジュニア選手権で4位、翌年は3位、2位と順調に順位を伸ばしていた。
2004?2005年シーズンからは練習拠点をカナダに移し、2004年の同大会で1位、2005年の世界ジュニア選手権でも優勝し、日本一だけでなく世界一に輝く。

織田信成の功績?日本男子史上3番目のGPシリーズ優勝者?

織田信成さんがシニアへ移行したのは2005?2006年のシーズンから。ISUグランプリシリーズ第6戦のスケートカナダで3位、同シリーズ第6戦の日本で開催されたNHK杯では初優勝を果たした。グランプリシリーズは国際スケート連盟が定めた6つの世界大会のことで、グランプリファイナルという決勝戦への出場資格がかかった大会だ。
この当時グランプリシリーズで優勝したことがあるのは、2001?2002年のNHK杯で優勝した本田武史さん、2005?2006年のスケートアメリカで優勝した高橋大輔さんの2名のみ。信成さんは日本男子史上3人目となる優勝者になった。

おすすめの記事