「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

フィギュアのルールおさらい!男子 シングル編

2016 9/8 23:08
フィギュアスケート
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Herbert Kratky/Shutterstock.com

単に観ているだけでも楽しめるフィギュアだが、ルールは詳しく知らないという方も多いはず。
今回は、そんな方のために、ルールを紹介する。

基本的なルール

フィギュアスケートの基本的なルールを見てみよう。今回は主に男子シングルのルールについてみていく。
シングルは男女ともにひとりで演技を行う。ショートプログラムとフリースケーティングの2種目があり、ショートプログラムを先、フリースケーティングを後に行う。
試合において、主な審査対象となる要素は、スピン、スパイラル、ステップ、そしてジャンプなどだ。4種類の中では、ジャンプが最も多くなる傾向にある。

ジャンプのルール

予選がない場合は、通常、ショートプログラムからの演技となる。演技の時間は2分50秒以内で、決められた7つの要素を必ず一回以上行わなければならない。
まずは3つのジャンプについてみていこう。1つ目はアクセルジャンプ。これは2回転または3回転から選択することができる。2つ目はソロジャンプ。3回転または4回転のジャンプのいずれかを選択することができる。3つ目はコンビネーションジャンプ。回転数は、3回転2回転・3回転3回転・4回転2回転・4回転3回転のいずれかを選択することが求められる。

おすすめの記事