「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

平昌五輪で飛躍へ!次世代エース宇野昌磨

2018 2/6 09:59SPAIA編集部
フィギュアスケート
このエントリーをはてなブックマークに追加

©ゲッティイメージズ

フィギュアスケートとの出会い

1997年愛知県名古屋市で、宇野家の長男として生まれた。家族構成は父、母、弟の四人家族だ。弟の樹(いつき)くんは、アイスホッケーの県選抜に選ばれるほどの実力の持ち主で、兄弟仲もとても良いという。

フィギュアスケートとの出会いは5歳の時。近所の名古屋スポーツセンターに遊びに行き、その時に練習に来ていた浅田真央選手に、「スケートやりなよ!」と誘われたことがきっかけでスケートをはじめた。その時期に、ソチ五輪代表として知られる村上佳菜子さんとも知り合い、村上さんは宇野のことを「努力の天才」と呼んでいる。ジュニア時代から名古屋のフィギュアコーチの母と称される山田満知子コーチの指導を受け、コーチだけでなく母からの厳しい指導に悔し涙を流し、スケート以外にはほとんど興味を示さないひたむきに練習するタイプだった。

宇野昌磨のジュニア時代

2011-12年シーズンよりジュニアグランプリシリーズに参戦。2012年の世界ジュニア選手権代表となったほか、JGPドイツ大会、全日本ジュニア選手権では2位となった。

2013-14年シーズンのガルデナスプリングトロフィーでは優勝。これがシニアクラスの国際大会での初の表彰台となった。そして2014-15年シーズンには、4回転トウループを成功させ、アジアンオープントロフィー、JGPクロアチア杯で優勝を果たした。さらにJGPファイナルでは、ジュニアとして初の160点台、総合でもジュニア世界歴代最高得点を更新し、2009年の羽生結弦以来の日本男子として3人目となる優勝を果たし、その後の世界ジュニア選手権でも優勝を果たしている。

おすすめの記事