「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

どこまで伸びるのか!フィギュアスケートの貴公子羽生結弦選手の実績

2018 3/1 15:56hiiragi
羽生結弦
このエントリーをはてなブックマークに追加

ジュニア世代から世界をリード

羽生結弦選手は1994年12月生まれの宮城県出身。フィギュアスケートは4歳の頃より始め、2004年には全日本ノービス選手権※ に出場してノービスBで優勝を飾った。
2005年はノービスBで日野龍樹選手に次ぐ2位、2006年はノービスAで日野龍樹選手、田中刑事選手に次ぐ3位に終わっている。ノービス時代はこの3人の力が拮抗していたようだ。

しかし、最後のノービス年齢となった2007年の全日本ノービス選手権を、1位羽生選手、2位田中選手、3位日野選手の順で終える。2008年の全日本ジュニア選手権では町田樹選手や村上大介選手などの先輩を抑え、優勝。
このシーズンは全日本選手権に初めて出場して8位、世界ジュニア選手権は12位という結果だった。

2009年は、才能が一気に花開いた。ジュニアグランプリは、トルンカップ(ポーランド)とクロアチアカップに出場し、いずれも優勝に輝く。
東京で開催されたジュニアグランプリファイナルでも、初出場で初優勝の快挙を成し遂げた。勢いは更に続き、全日本ジュニア選手権優勝、世界ジュニア選手権優勝と、ジュニア世代のタイトルを総なめにして頂点を極め、翌2010-2011シーズンからはシニアに転向する。

※ノービスとは、ジュニアより下の世代で主に小学生。スケートシーズンが始まる7月1日以前の学年と級によってAとBに分かれる。

厚かったシニア有力選手の壁

シニアデビューとなった2010-2011シーズンは、グランプリシリーズのNHK杯で4位、ロステレコムカップ(ロシア)で7位、全日本選手権は4位だった。この年の全日本選手権は、優勝が小塚崇彦選手、2位が織田信成選手、3位が高橋大輔選手。
2010年バンクーバーオリンピックの出場選手が表彰台を占め、格の違いを見せつけられる結果となった。

グランプリシリーズの初優勝は、2011-2012シーズンに果たす。カップオブチャイナは4位だったが、昨年に続き出場したロステレコムカップで初優勝に輝く。グランプリファイナルにも初出場を果たしたが、4位に終わった。
優勝は前シーズン世界選手権覇者、カナダのパトリック・チャン選手、2位は高橋選手、3位はスペインの新鋭ハビエル・フェルナンデス選手と、いつかは超えなければいけない選手が立ちふさがった。

このシーズンに世界選手権への初出場も果たし、2011年の全日本選手権は高橋選手、小塚選手に次ぐ3位に入り、2012年世界選手権への出場切符を手に入れる。その世界選手権では、パトリック・チャン選手、高橋選手に次ぎ3位だった。

2012-2013シーズンはNHK杯に優勝、グランプリファイナルでは、高橋選手に次ぐ2位。全日本選手権では高橋選手を抑え初優勝を果たし、2013-2014シーズンにはソチオリンピックを迎えることになる。

おすすめの記事